ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
レナとつる薔薇の館
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

レナとつる薔薇の館

  • 児童書
作: 小森 香折
絵: こよ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月31日
ISBN: 9784591133736

出版社からの紹介

19世紀イギリス、父親が船の事故にあい、身よりを失ったレナは、祖父がその父にあてた遺言を見つけ、一人でひいおじいさんかもしれない人の屋敷を訪れます。しかしそこは、吸血鬼の館だと噂されていて──。ジプシーと呼ばれていた祖母と愛し合い、身分の違いから反対されて駆け落ちした祖父のことや、吸血鬼の館と呼ばれる理由を知り、レナは少しずつ想いを深めていきます。父の死を受け入れ、自らの生きる道を見つける少女の物語

ベストレビュー

吸血鬼?

孤児となったレナは伯父に引き取られますが、いじめられれ、使用人同様(よりもひどいかも)の扱いを受け、あげくに人買いに売り飛ばされそうになります。
ひょんなことから実は上流階級の家の娘だと分かるのですが、その家が吸血鬼の館だと言うのですからびっくりです。
見た目や先入観で中身を見ようともしないでレッテルをはられてしまうのはつらいと改めて思うお話でした。
逆に外見や地位が高くあの人は信頼できると思われていても実は腹黒い人もいますよね。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

小森 香折さんのその他の作品

喜劇レオンスとレーナ / 壇ノ浦に消えた剣 / 歴史探偵アン&リック 里見家の宝をさがせ! / いつか蝶になる日まで / ネズミだって考える / パラレルワールド



困っているぼくのところに本物の神様が!

レナとつる薔薇の館

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット