おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?

ミラート年代記」 みんなの声

ミラート年代記 作:ラルフ・イーザウ
絵:佐竹 美保
訳:酒寄進一
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\2,400+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784751524114
評価スコア 4
評価ランキング 22,502
みんなの声 総数 1
「ミラート年代記」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 引き込まれる面白さ!

    かなり分厚く、冒頭がやや説明的で読みづらかったので、失敗かな?と思いながら読み進めました。でも、そうそう進まないうちに、ずいぶん話が面白くなってきて、とてもよかったです。

    不思議な力を持つシリリムの双子(実は普通の双子ではなく秘密があります)エルギルとトウィクスは、親をおじのウィスカンダルに殺され、自分達も死ぬところを、誰かの手で助けられます。その謎はこの1巻の中で明かされますが、前半は謎ときだらけ。ファルゴン、シェキーラ、イニマイ、たち仲間に助けられなんとかウィスカンダルのもとにたどり着きますが、友人トゥザーンのために危機に陥る。そして実はトゥザーンが大きな役割を果たしそうな大物と分かります。

    とりあえず、1巻内で話がある程度完結するので、読みやすいと思います。

    ちなみに私は読書が早いタイプでいつも2時間で1冊ペースですが、合間に読む形でなんと3日かかりました。時間がかかるので、なかなか子供に本をたくさん買えない場合には、これで時間がかせげて良いと思います。内容も、復讐よりも世の中のために、という希望をメインにしているし、悪いことをした普通は憎む相手でも、憎まず助けてあげようとする主人公の双子の姿が教育上良いのではないかと思います。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼーるとぼくとくも』 加藤休ミさん インタビュー!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット