うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎの試し読みができます!
作: さこ ももみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
親子の1日は、こんなにもすばらしい!

えみりん12さんの公開ページ

えみりん12さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子10歳

自己紹介
とにかく本好き。毎日1冊は小説を読みきります。娘も絵本好き。ママが怠けて毎日は読まないけど、気が向けばたくさん読みます。サイン本買うのも好きです。私が5つ☆にしたものは本当に面白いのでぜひ買って欲しいというもの(しかも自分では古本屋に売り飛ばす気が全くないもの)です。4つ☆は図書館でOKかなと思います。
好きなもの
ウチの む・す・め(笑)

えみりん12さんの声

3226件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 全部、まんがです。  掲載日:2018/5/18
ダイアナ
ダイアナ 脚本: 和田 奈津子
漫画: 東 園子

出版社: 集英社
ダイアナ妃の一生の物語。

ボランティアに心を尽くした貴族の娘、ダイアナ。誰もが知る、、、けど小学生はあまり知らない世代なので、良かったです。

絵もかわいいので娘も喜んで読んでいました。

グレースケリーまで出るので、お得でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供におすすめ  掲載日:2018/5/14
巌窟王
巌窟王 著: アレクサンドル・デュマ
訳: 矢野 徹
絵: 篠崎 三朗

出版社: 講談社
本物は結構長いし、表現も難しい部分がありますが、子供用でこれを見つけました。

本来3巻くらいになっているこれが1冊で済んでいるのと、言葉が子供にわかりやすいのでオススメです。

モンテクリストの内容がわかりやすく面白いので、娘ははまっていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 休日のサンタさん  掲載日:2018/5/14
サンタクロースのはるやすみ
サンタクロースのはるやすみ 文・絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 小宮 由

出版社: 大日本図書
おしのびで街歩きをしたいサンタさん。

変装してワクワクしている姿が可愛いです。

でも、泥棒と間違われてサンタだ!と自分の正体をあかしてしまいますが、素敵なことが、、、。お互いに感謝し、思いやる気持ちの大切さを実感できました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いまどき珍しい江戸弁の小学生  掲載日:2018/5/14
江戸っ子しげぞう(3) わたる世間に虫歯なし!の巻
江戸っ子しげぞう(3) わたる世間に虫歯なし!の巻 作: 本田 久作
絵: 杉崎 貴史

出版社: ポプラ社
しげぞうは、虫歯になったけど、治療がいやで逃げ出します。仲良くなった美人さんが実は、、、、。大人なら予想できるけど、歯医者さんでした。恐くない治療、いいですね。

江戸言葉の解説つき。少し知識が増えて子供にも良いと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 外見の美醜について考えている主人公  掲載日:2018/5/7
ラブリィ!
ラブリィ! 著: 吉田 桃子
出版社: 講談社
外見の美醜って何?

映画監督志望の主人公がいろいろ考えていますが、周囲にはたくさんのケースがああります。美しいけど一般的じゃない思考の人、かっこいいけど昔は醜かったからといじめられた子、醜いと言われるけど実はかっこよくて美しい人。

中身を見ようとする主人公に共感できてすごく良かった。

いじめ世代に読んでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小学校中学年・高学年向け  掲載日:2018/5/7
子ぶたのトリュフ
子ぶたのトリュフ 文: ヘレン・ピータース
絵: エリー・スノードン
訳: もりうち すみこ

出版社: さ・え・ら書房
農場で生まれた未熟児の子ブタ。そのままでは死んでしまうので、こっそり連れてくる主人公。

泥棒ではあるのだけど、翌日、親にばれて、農場主に譲ってもらえるよう頼みます。

命を守る尊さを教えているように思います。

最後クリスマスプレゼントは、ある許可をもらえるのですが、、、、なかなかかわいい作品でした。おすすめです。字も大きく読みやすいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 小学生女子におすすめ!  掲載日:2018/5/7
小さいママと無人島
小さいママと無人島 作: キャロル・ライリー・ブリンク
訳: 谷口 由美子

出版社: 文溪堂
9才の娘が面白い!とどんどん読んだお話です。

ロビンソンクルーソーの女子版。

主人公は12歳と10歳の姉妹で、難破船で預かった赤ちゃん4人の面倒を見ながら無人島で暮らすなんてできる!?でも、ウィリアム・ウォレスの子孫だから!と頑張る姉妹。

どきどきしながらつい読んでしまいました。

長い本を面倒がる娘ですがこれはほんとに面白かったようです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ひろわれて  掲載日:2018/3/21
子ネコのスワン
子ネコのスワン 作: ホリー・ホビー
訳: 三原 泉

出版社: BL出版
子ネコのスワンはひとりぼっちで、生きています。

でも、ある日つかまって、、、殺される?と思ったら、飼い主探しの場だったみたいで、良かった良かった。

なぜか猫なのにスワンと名付けられ、ライラックの庭でゆっくりしたり、みんなに可愛がられて過ごします。

オチと、スワンの名前の由来は欲しかったかなと思いますが絵が可愛い。娘は絵を気に入っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 切ない認知症との闘い  掲載日:2017/12/28
あかりさん、どこへ行くの?
あかりさん、どこへ行くの? 作: 近藤 尚子
絵: 江頭 路子

出版社: フレーベル館
認知症のおばあちゃん、あかりさん。

家族仲良くしてきたのに、娘にもあんた誰?と攻撃的になったり
どこかへ帰ろうとして迷子になったり。

認知症をかかえた家族をみる悲哀も、それでも存在する思い出とふとしたあたたかい時間を切り取ったような作品。

小学校高学年の男の子が主人公だが、大切なものを壊されたり、お弁当を食べられてしまったり、子供ながらに悲しくなることも、うまく、女友達と乗り越えていくのがいい。

小学生高学年で読めたら良いかも。娘は読んで悲しい話だと言っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 童話がたくさん!  掲載日:2017/12/15
スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほん
スヤスヤおねんね おやすみおはなしえほん ナレーション: 原口茜
表紙イラスト: 下川幸枝
イラスト: ウシヤマ アユミ

出版社: コスミック出版
童話がかなりの数を収録されており、音声で聞けば楽しいし親もちょっと楽です。

お受験で問われることもある童話なので、受験するときも特に買ったほうがいいですね。

うちの子の受験のときにもあれば絶対買ったのに!

残念です。
参考になりました。 0人

3226件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット