もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

つかまらない つかまらない」 みんなの声

つかまらない つかまらない 作:神沢 利子
絵:渡辺 洋二
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1992年10月25日
ISBN:9784406021234
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,080
みんなの声 総数 1
「つかまらない つかまらない」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 久しぶりだね、モコちゃん!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    昔子どもの頃、「うさぎのモコ」という赤い表紙の絵本(童話だったかも?)があって、2才下の妹がすご〜く気に入っていて、近所の文庫でいつも借りてきてたんです。(返しては借り、返しては借りしてたので、貸し出しカ−ドには妹の名前がずら−っと並んでた!)
    大人になってから探してみたけど、絶版になっていて見つからずがっかりしてたところに、赤い表紙のあの本ではないけれど、たぶん同じ話を、1話ずつ分けて本にしたらしいシリ−ズを発見しました!(挿絵を描いた人は違うと思うけど、渡辺洋二さんの描いたモコちゃんも、なかなかかわいいですよ!)
    前置きが長くなりましたが、この「つかまらない〜」は、お父さんとお母さんが夜になっても帰ってこないので、モコは迎えに行こうとします。空を見上げると、まんまるお月さんがついてきます。おいかけっこを楽しみながら森まで来ると、お月さんの姿が見えません。代わりに「ほっほっほう。つかまえてやろうか」きみのわるい声が聞こえてきます。モコは大丈夫かな?
    子どもって、お月さまが好きですよね〜?そして、ある時期必ず「お月さまがついてくる〜!」って言うじゃないですか?幼い子の心理を等身大で書いてるところが、このシリ−ズの魅力です。
    モコの最後の言葉がとってもかわいらしいです。

    掲載日:2003/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


シリーズ6作目は野菜畑でばけくらべ!上手に化けられるかな?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット