たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

選ばなかった冒険―光の石の伝説(偕成社文庫)」 みんなの声

選ばなかった冒険―光の石の伝説(偕成社文庫) 作・絵:岡田 淳
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784036526703
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「選ばなかった冒険―光の石の伝説(偕成社文庫)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひきこまれる!!

    この本は14、5年程前に私自身が読みました。

    当時の感動は細かく思い出せませんが、
    ただ、感動と言うよりも衝撃といった方が正しかった気がします。

    ストーリーは子供も入り込み易い、ゲームを基盤とした世界観なので、堅苦しい本が苦手な子供でも読み易いかと思います。

    どう考えてもフィクションだとわかるのに、次の展開の結果を知るのが怖くて、ハラハラして、でも知りたくて。
    個性豊かな登場人物達の必死に突き進む姿が、格好良くもあり、切なくもありました。

    最終的にはたった一人残された少女はある決断をしなくてはなりません。
    そこまで来るともうなんだか悲しいような怖いような気持ちでいっぱいでした。

    読み終えた後はどっと脱力しました。
    その後、何カ月間もずっとその本のことばかり考えていた気がします。
    「小説の後、登場人物達はどうしたのだろう」
    「もしあの瞬間、あの行動をとらなければ、いったいどういう未来になっていたのだろう」
    「自分ならどんな決断をするのだろう」
    などとばかり思考していました。

    また、登場人物達は強い絆で結ばれているのですが、友情というよりも仲間といった感じでした。

    自分の安穏とした日常と比較したりしながら多くのことを子供ながらに考えることができ、最高の本でした!!

    私は今でも大好きで読み返しています。
    大人の方も是非、手に取って見て下さい。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    3
  • 面白い!!

    岡田淳の本「びりっかすの神さま」を子どもと読んでとても面白かったので、他にもないかとさがして見つけた本です。

    とにかく面白い!!6年生の学が、付き添いのあかりと保健室に向かうところから話は始まる。ところが階段を下りても下りても保健室がある一階にたどり着けず、気がつくとそこはいつもの校舎とは違っていた・・・ なんと昨晩、学がうちでやっていたテレビゲームの世界に入り込んでしまっていたのだ。

    とてもスリルにあふれた話の展開で、大人の私もどんどん話に引き込まれていきました。この世界から抜け出したいと思いながらも、学校生活やゲームの世界の中で学やあかりが様々なことを考え、成長して、ゲームの中の悲しい世界を終わりにしようと奮闘する様子は、手に汗を握りながらドキドキして応援してしまいました。

    傑作です。子どもたちが是非とも読むことをお勧めします。

    掲載日:2014/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ふしぎなナイフ / ジュマンジ / 君のいる場所 Separate Ways / ちいさな死神くん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット