おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

しろぱかとくろぱか ふたりのハッピーバースデー」 みんなの声

しろぱかとくろぱか ふたりのハッピーバースデー 作・絵:p.yuqi
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784591121061
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「しろぱかとくろぱか ふたりのハッピーバースデー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 毎日誕生日の気分になれるしあわせな絵本

    • あぷーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子2歳

    誕生日が同じしろぱかとくろぱか。
    くろぱかは事前にしろぱかのプレゼントを計画していましたが、
    しろぱかは前日に「なにがいい?」と聞くようなのんびり加減です。
    お互いにお互いをぜったいに喜ばせたくて、いっしょうけんめい動くのですが…。
    自分の考えのスタートと、相手が受けとってくれた時のゴールがずれてしまったとしても、
    気持ちの根っこはおんなじ…いいえ、気持ちはぐんと大きくなっていました。
    相手を想う強さ、あたたかさが、じわんと胸にしみいる、
    なにより、キュートで力強い絵がそれを伝えてくれる、
    ものすごくステキな絵本です。

    最初は、10歳の兄のほうがうなずきながら楽しんでいて、
    弟は、お話に出てくる迷路っぽいページをひたすらめぐっていたのと、
    主人公が集める木の実をひたすら「食べよう!」と口に入れるようにしていたのが、
    だんだん、ストーリーそのものを楽しむようになり、
    「しろぱかとくろぱか、どこ?」と絵本を探してもってくるようになりました。
    今はびっくりするくらい、文章を覚えてるんです。
    ネタバレになっちゃいけないから、ちょっとだけ…。
    「さくさく さくさく」
    「高いなあ…」
    「重いなあ…」
    「ふんふふん♪」
    「そう…だね」

    最後に「ハッピーバースデー」の歌が出てくるのですが、
    主人公のふたりをお祝いしたあと、
    必ず、自分の名前で1回、兄の名前で1回、
    そしてママで歌い直して、一緒にお祝いしてくれます。
    ものすごーくしあわせな気分で絵本をとじ、いい気持ちでベッドに入れます。

    掲載日:2011/01/06

    参考になりました
    感謝
    2

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

なんのぎょうれつ? / ねずみくんぼくもできるよ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット