ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

水とたたかった戦国の武将たち」 みんなの声

水とたたかった戦国の武将たち 作:おがたひでき
絵:かこ さとし
出版社:全国建設研修センター
本体価格:\0+税
発行日:1997年
ISBN:9784916173003
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「水とたたかった戦国の武将たち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 武将と土木のつながりとは?!

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子6歳、女の子2歳

    土木の絵本シリーズ第1巻です。
    対象は、小学校上級から大人までと書かれているとおり、専門的で固い内容です。が、土木とは何の目的で行われるのかと言った、根本的かつ重要な問題をわかりやすく解説した読み物として、関係者をはじめ、これからの次代を担う子どもたちにも是非読んで頂きたいシリーズです。

    本書では、武田信玄、豊臣秀吉、加藤清正にスポットが当てられています。武田信玄は信玄堤が知られていますが、その他の戦国武将と土木とは、どんな関わりがあるの?と思われる方が多いと思います。私もその内の一人です。
    それぞれの武将は領土争いで戦ってばかりいたのではなく、地域をよくするために洪水と戦い、安全で豊かな街造りを行っていたのです。歴史の教科書では、このようなことはあまり教えてくれないと思いますが、名武将たちにもこんな裏の顔があったということを知ることが出来る、とても興味が沸く内容になっています。
    絵は、科学や土木の絵本を描かれている「加古里子」さんが担当しています。

    掲載日:2004/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

バムとケロのそらのたび / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット