ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ニャンさんなにみてるの?」 みんなの声

ニャンさんなにみてるの? 作・絵:おくむらくにこ
出版社:新風舎
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784797441239
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
「ニャンさんなにみてるの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ニャンさんのたのしいいちにち

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ニャンさん ニャンさん なにみてるの?
    あかい おめめ しているよ。
    まっかな りんごを みてるのね。

    ニャンさんのおめめは、ピンクになって、みどりになって、あおくなって…
    見るものによて、目の色が変わるので、次は何?とあれこれと想像することができます。画面いっぱいに描かれた絵はクレヨンでていねいに描かれていて、その表情の柔らかさ、優しい言葉の繰り返しに、心が温かくなります。
    朝のお出かけから、夜、無事に家に帰りつくまで、一緒に楽しい一日を過ごしましょう。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • もも

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    様々な色の目を見せてくれるネコのニャンさん。
    その色はまさに今見つめているものの色。
    一体何を見ているの?
    当てる楽しさがある絵本。
    色が分かり始めてきた子供にピッタリだと思います。

    ニャンさんの目の色を見て、まず何色か当てる娘。
    これは割りとすぐできるのですが、次の「なにをみているか」になるといろいろ考えてなかなか言葉に出てこない様子。

    ピンク色の目をしたニャンさん。
    ピンクのものなにかな〜

    「もも」

    惜しいっ!
    赤でリンゴだったので、ピンクは桃だと考えたようです。

    果物で頭がいっぱいになった娘。
    もうそのあとは何色がきても「オレンジ」と答えていました。
    最近よく食べるので・・・笑

    掲載日:2009/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なアイディアです!

    ねこのニャンさんがいろんなものを眺めています。
    そのたびに瞳の色が変わって行って・・・。

    まずニャンさんという響きが息子のツボにはまったようです。
    ニャンさんが何を見ているのか一生懸命ニコニコしながら聞いていました。

    ニャンさんが何を見ているのかクイズを出しながら読むのもこの絵本を通じてはまった遊びです。

    小さなお子さんから大きくなるまで楽しめる素敵なお話だと思いました。

    掲載日:2008/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の目のようにくるくる…

    猫の目の色が、まるで色とりどりのドロップのようでかわいい!

    猫だけが大きく描いてあるページと、
    広角レンズで見たような広い広い景色の絵の繰り返しがステキです。
    このパターンは小さい子でも分かりやすそう。

    猫さんは遠くの景色を見ているんだねとか
    夕焼けを見てたそがれてるのかなとか
    海に行きたいのかなとか、
    子供がいろいろ想像してくれそうな気がします。

    猫って身近にいるけどミステリアスだから
    いろいろ想像広がりますよね。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい表情

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子2歳、男の子1歳

    主人公のニヤンさんがいろんな物を見ています。その目には・・いろんな色が映ってる。その色から想像して子供たちは楽しんでいます。次のページには答えになる「見ている物」が映ってます。子供達の意見は当たってる時もあれば、外れの時もあります。外れの時は「な〜んだ〜だったのか」って残念そう。でも子供達が色からいろいろな事を考えて、自分の思いを口に出すというのはいい事でとても楽しめた絵本です。それにニヤンさんの表情がとてもかわいらしく、親しみやすかったです。

    掲載日:2006/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いお話

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳2ヶ月

    「にゃんさん」が何を見ているのかによって、
    目の色が色々と変わります。
    例えば、真っ赤なリンゴを見ているときは目が赤く、
    お月様を見ているときは、目が黄色いのです。

    字も少ないし、絵がダイナミックで色合いも
    豊かなので、小さい子からお勧めしたい絵本でした。
    また、ちょっと大きくなった子には、
    目の色によって、どんなものを見ているのか、
    あてっこしても楽しいかもしれませんね。

    私は特に夕焼けのシーンが大好きでした。
    とても綺麗です。

    掲載日:2006/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニャンさんの表情や仕種がなんともかわいい。ほんものの猫とおんなじポーズをするんです。猫のかわいらしさがジンジン伝わってきて、もうメロメロになってしまう。
    ニャンさんに話し掛ける言葉も、とても温かくて心地良い。
    いつも手許に置いておきたくなる1冊です。

    掲載日:2005/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悔しいけど、完敗です。

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    知人(親友のお母さん)から、子どもたちへのプレゼントにいただきました。
    何、何?!新風舎絵本コンテスト優秀賞受賞作品?!実は私、このコンテスト応募して落選してますので、けっこうコンプレックスがあったりします。

    それでも気を取り直して、題名はちょっと、エリック・カールの「くまさん くまさん なにみてるの?」に似てるなあ、と思いながら次女に読んであげました。

    表紙からして、ニャンさんが上を見上げてる表情が、何ともいえずいいなあ、とネコ好きのハートをくすぐります。
    いないいないばあのしぐさもかわいくて、どことなく松谷みよ子さんの有名な「いないいないばあ」にも似てるんだけど、憎めません。

    そして本文に入ります。
    「ニャンさん ニャンさん なにみてるの? あかい おめめ しているよ。」
    ページをめくると、大きくりんごが描かれていて、
    「まっかな りんごを みてるのね。
    おおきな りんご。
    ニャンさん りんごを たべたいのね。」
    ネコはりんごなんて食べないよ、とネコ好きなら言い返してしまいますが、その表現力にはぐっときます。

    ニャンさんのおめめの色によって、何を見ているのか、当てっこゲームのような絵本は、幼い子が夢中になります。
    リズミカルな繰り返しが、耳に心地いいんですよね。
    最後にお家に帰っていくというストーリーもシンプルですが、幼児は安心するんですよね。
    案の定、次女は気に入り、何度も読まされることになりました。

    そして、私は、なんといっても、たぶんパステルで描かれた、美しい色使いと、素朴なニャンさんの表情に魅せられました。

    掲載日:2004/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット