ふゆのよるのおくりもの ふゆのよるのおくりもの
作・絵: 芭蕉みどり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きょう、ティモシーとサラはもみの木をかって帰りました。きれいに飾りつけをして、クッキーを焼いて、さあ、これからおでかけです。

`ぷるーと`さんの公開ページ

`ぷるーと`さんのプロフィール

ママ・50代・愛知県

`ぷるーと`さんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい まさかの展開ありのご機嫌紙芝居!  投稿日:2015/09/19
紙芝居 へっちゃらかあさん
紙芝居 へっちゃらかあさん 作・絵: 岡井美穂
出版社: 童心社
大変おおざっぱなお母さんで、豪快でさばさばしている。
ふつうの絵本や紙芝居にはほとんど登場しないタイプ。そこがいいんだよね。
お母さんのやることが、いまいち予測がつかない。なっちゃんは、びっくりしながらも、いつの間にやら元気になってる。
そしてあろうことか、なっちゃんのために焼いていたパンケーキがおばけになって襲ってくるという、とんでもない展開が待っている!
とにかくビックリさせられるんだけど、とっても気持ちのいい、楽しい紙芝居です。
くよくよしてなんかいられない。たくましく元気になれること請け合い。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供たちが真剣に聞き入る絵本  投稿日:2007/03/10
こがねのあしのひよこ
こがねのあしのひよこ 作・絵: 秋野ゆきこ
出版社: 福音館書店
図書館で読み聞かせのボランティアをしていますが、この本を読んでる時にそわそわしたり、ふざけたりする子は一人もいません。みんな固唾をのんで真剣に聞き入るのです。読んでいる私も、子供たちに促されてページをめくる感じです。この手応えはなんだろうと、不思議に思います。民話の持つ底力なのでしょうか。
読み終えると子供たちはホッとした顔になり、うれしそうに拍手をしてくれます。ちっぽけだけれど特別なひよこと自分とを同一視して、その波瀾な冒険に共に立ち向かっているのかもしれません。晴々しい気持ちになれる一冊だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひたすら愛おしい絵本です。  投稿日:2005/06/17
ニャンさんなにみてるの?
ニャンさんなにみてるの? 作・絵: おくむらくにこ
出版社: 新風舎
ニャンさんの表情や仕種がなんともかわいい。ほんものの猫とおんなじポーズをするんです。猫のかわいらしさがジンジン伝わってきて、もうメロメロになってしまう。
ニャンさんに話し掛ける言葉も、とても温かくて心地良い。
いつも手許に置いておきたくなる1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ますます快調のシリーズ第3弾!  投稿日:2005/06/17
ライオンのながいいちにち
ライオンのながいいちにち 作: あべ 弘士
出版社: 佼成出版社
シリーズ3作目ということで、お父さんライオンの俳句も上達し、サバンナの風景に溶け込んでいます。世界が、さらに豊かになった気がします。
とにかく絵が素晴らしい。全ての絵が、サバンナの風景をそのままに切り取っています。その広大さと迫力は、ストーリー以上のものを見せてくれます。直接お話には関係のない多くの動物達が描かれていて、素通りするにはあまりにもったいない。動物達の見つけっこや当てっこをしながら、何度も楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット