ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

狐の振袖」 みんなの声

狐の振袖 作:山本 ふさこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784900656437
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読んで正解! 通り過ぎずに良かった〜。

     表紙絵の狐が振袖を着ている姿に少々違和感を覚えながらも開きました。
     読んで正解!
     通り過ぎずに良かった〜。
     
     まさにこれからの季節にピッタリです。

     長い年月、仕立て一筋に生きてきたおばあさん。
     その仕立ての針を進める様子が素敵です。
     ある夜更け、訪ねてきた狐の母娘に、明日の日の入りまでに振袖を仕立てて欲しいと頼まれて、・・・。
     無理な刻限を承知ながらも、狐母子の想いをくんで引き受けたおばあさん。
     母狐が、苦労し持ってきた布地と共に添えられた娘の持ってきた目も覚めるような色とりどりの紅葉の葉っぱ。
     おばあさんの幼い頃から見続け愛してきた山の紅葉の色と重なり、おばあさんの流した涙が、葉っぱを小布に変え、・・・。

     着物の仕立て・秋の紅葉・母娘の情愛・おばあさんの真心のこもった仕事ぶりが、ファンタジーの形で見事に完成されています。
     改めて表紙絵を見ると、感慨深いものがありました。

     カバー折り返しの一文が素敵なので、添えます。
     “山に紅葉の散る 夕暮れ時 振袖の形にとどまりて 見ゆることあり 人々これを 狐の振袖という”

     長めの文章ですので、高学年からの一人読みにお薦めです。

    掲載日:2011/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット