おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

でっかいねずみとちっちゃなライオン」 みんなの声

でっかいねずみとちっちゃなライオン 文:イブ・タイタス
絵:レオナード・ワイズガード
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784477025506
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読みやすい

    「ゆかいなゆかいなおはなしシリーズ」は、字が大きくて読みやすく、内容もとても面白いものばかりなので、1年生の娘が好んで読んでいます。
    人間の世界を見に行きたいと思っていたねずみとライオン。どちらも妖精に魔法をかけられれて、でっかいねずみとちっちゃなライオンになってしまいます。
    レオナード・ワイズガードの絵もレトロでとってもかわいかったです。
    一人読みができるようになった子にピッタリのおはなしだと思います。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妖精のイタズラ

    妖精の気遣いで、ネズミが大きく・ライオンが小さく見えるようになってしまいます。
    これって気遣いじゃなくて、イタズラじゃないかなーと思いました。
    だって、妖精も楽しんでいましたよね。
    ライオンもネズミも散々な目に合い、出した結論が「人間の世界には、二度と行かない」という同じことだったのは、面白いですね。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼年童話の入り口に

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子2歳

    タイトルを見て、大きなねずみと小さなライオンが出てくる本かと思ったら大間違い!
    出てくるのは一般的な大きさのねずみとライオン。
    人間の世界を見てみたいと出かけたねずみとライオン。
    それを見つけた親切な妖精が、ねずみのために、人間のために、ねずみは世界一大きなライオンより大きく見えるように、ライオンは世界一小さなネズミより小さく見えるように魔法をかけました。

    でも本人たちは大きくなったわけでも、小さくなったわけでも、ましてやそんな魔法をかけられたなんてことも知らずに人間の世界に行ったものだからびっくり仰天。
    小さなネズミは「大きなネズミの怪物!」と恐れられ、大きなライオンは「小さなかわいいライオン!」と捕まえられそうになる始末。
    息子も声を出して笑っていました。

    薄い本ですし、大きく独特なイラストのおかげであっという間に読み終わります。
    幼年童話を読み始めた子にお勧めです。

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット