なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

ぼくのへやにうみがある」 はなしんさんの声

ぼくのへやにうみがある 作:マーガレット・ワイルド
絵:ジェーン・タナー
訳:しろたのぼる
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,204+税
発行日:1987年
ISBN:9784593502073
評価スコア 4
評価ランキング 23,778
みんなの声 総数 2
「ぼくのへやにうみがある」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 子供の想像力溢れるファンタジー

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    海嫌いの男の子が、海で巻貝を拾いました。巻貝といえば、耳に当てると海の音が聞こえる不思議な貝です。子供の頃に、私もこの貝の音を聞くのが、大好きで、まるで海にいるみたいな気分になってワクワクしたものです。海嫌いのデビットもこの音が気に入って、持って帰って自分の部屋に置くことにしました。
    そして、ふと思ったのです。この海を外に出せたら、そしたら海と仲良くなれるだろうと。
    ここまでは、あるえるお話。でも、ここからが、ファンタジーの世界です。
    だって本当に、貝の中から海が出てきてしまったのです!ぼくの部屋が海に変身してしまったのです!
    もう、こうなったら子供の想像力は無限です。デビットが海と仲良くなった場面は、見ていて本当に楽しくなります。
    子供もワクワクしながら、羨ましそうに見ていました。
    自分の想像の世界で海を堪能したデビットは、見事に海の怖さを克服することができました。
    でも、はたして本当に、ただの想像だったのでしょうか。
    ただの、想像では片付けられない証拠が、絵本の中に残されています。ここが、この絵本のすごく好きなところです。
    夢があってとても素敵です。

    投稿日:2006/09/15

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのへやにうみがある」のみんなの声を見る

「ぼくのへやにうみがある」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット