日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

やさしい おおかみ」 はみんぐばーどさんの声

やさしい おおかみ 作:ペーター・ニックル
絵:ヨゼフ・ウィルコン
訳:佐々木元
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年
ISBN:9784577005194
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,948
みんなの声 総数 6
「やさしい おおかみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • オオカミさんもいろいろ

    むかしから、物語の中で悪者、こわい存在、として多く登場するオオカミ。
    羊飼いにとって、旅人にとってのこわい敵だったからでしょう。
    でも、ここに出てくるオオカミは違うのです。
    みんな最初はこわがり、疑っていたけれど、やがて、オオカミのやさしさを知ります。
    そして、オオカミ自身も
    「いいたいやつには、いわせておけばいいさ」
    と思えるようになり…。
    この本にある、吹雪の中で凍えるうさぎをみつけるオオカミと、うさぎをそっとやさしく抱きかかえるオオカミの絵がとても好きです。
    見かけや先入観で、人をシャットアウトするのは、残念なことですよね。
    そして、誰かを悪者にしたてて、それを利用することも…。
    オオカミのまごころがみんなに伝わって、よかった!

    投稿日:2004/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「やさしい おおかみ」のみんなの声を見る

「やさしい おおかみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / もこ もこもこ / よるくま / 100万回生きたねこ / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット