くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

12分の1の冒険」 かわゆいゆいさんの声

12分の1の冒険 作:マリアン・マローン
訳:橋本恵
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784593534739
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,536
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 不思議な冒険(10歳娘の感想代筆)

    このお話は主人公のルーシーとジャックがシカゴ美術館に
    展示されているソーンミニチュアルームの魔法の鍵を拾って
    タイムスリップや冒険をする物語です。
    (実際にあるモノとフィクションが交差しています。
    ミニチュアルームを作ったソーン夫人は実在しています。)

    私が凄いと思ったのは、ソーンミニチュアルームを作った
    ソーン夫人です。題名の通り実物の12分の1の大きさで
    本物さながらにミニチュアルームが作られているからです。
    本物のアンティークやそのアンティークがあることで部屋の外に出て
    タイムスリップが出来たりします。

    ミニチュアルームを通してその作られたミニチュアルームの
    時代背景が分かるので、面白かったです。

    12分の1の冒険はシリーズなので続編も読んでみて下さい。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「12分の1の冒険」のみんなの声を見る

「12分の1の冒険」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット