くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ねこよんよんさんの公開ページ

ねこよんよんさんのプロフィール

ママ・40代・佐賀県、男の子6歳 女の子1歳

ねこよんよんさんの声

406件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい もっと早く出会いたかった  掲載日:2018/6/26
はたらくくるまとまちをつくろう!
はたらくくるまとまちをつくろう! 作: のぐちたけし ふくしまやすこ かわうそぶちょう
発行: まる出版

出版社: サンクチュアリ・パブリッシング
面白いですね!
はたらくくるまがたくさん出てきます。飛び出したりめくったりいろいろな仕掛けでそのくるまがどんな働きをするのかを知ることができます。
この本の面白いところはそのはたらくくるまのおかげで町がつくられていく様子やしくみも知ることができるのです。
6歳の息子も大好きですごくたのしめると思います。でも、もっと早く出会えていれば小さいときから一緒に楽しめたのになと少し悔しくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にんじゃがたくさん!  掲載日:2018/6/5
にんじゃなんにんじゃ
にんじゃなんにんじゃ 作・絵: 中垣 ゆたか
監修: 山田 雄司

出版社: 赤ちゃんとママ社
忍者大好きな息子にぴったりの絵本!
一緒に読みたかったのですが息子は自分のペースで読みたいらしく、ひとりじっくりと読んでいました。
細かいイラストと解説がびっしりの一冊ですので読み終わるのにはとても時間がかかります。少し進んでは戻り、また読み進めの繰り返しで最後まで飽きずに楽しめたようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不安を取り除いてあげる  掲載日:2018/6/1
スーちゃん おやすみなさい
スーちゃん おやすみなさい 作・絵: アリーナ・サーナイテ
訳: おびか ゆうこ

出版社: 東洋館出版社
小学一年生の息子がときどき暗いところが怖いということがあるのですが、もう小学生なんだからと突き放すような態度をとっていたのを反省しました。この本を読んで子供ってなんでもないようなことが怖く感じたり、とんでもない想像をすることがあるんだということを思いだすことができました。
きちんと話を聞いて不安を取り除いてあげたいな。寝るのが不安な夜に最適のおやすみなさいの本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい!わかりやすい!  掲載日:2018/6/1
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング 作: リンダ・リウカス
訳: 鳥井雪

出版社: 翔泳社
パソコンが苦手な私にはプログラミングという言葉を聞いただけで、難しいしわからないと思ってしまい専門書は読む気にもなりません。でも、子供向けの絵本でプログラミングの考え方を知ることができればと思い読んでみました。
物語として読み進めていくことができるのでとても楽しめますし、自分でも試してみたいという意欲がわいてきます。
プログラミング教育の必修化の前に子供と一緒に読んでいきたいとおもえる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもの大切さを気づかせてくれる本  掲載日:2018/5/24
いいこってどんなこ?
いいこってどんなこ? 作: ジーン・モデシット
絵: ロビン・スポワート
訳: もきかずこ

出版社: 冨山房
タイトルとレビューを見て、子育てに疲れたお母さんが子供の言葉で大事なことに気づかされて反省するみたいな本を想像していたのですが、全く違いました。
うさぎのお母さんの子供に向けた深い愛情を感じる絵本。
うさぎのぼうやみたいな素直な子はそうそういませんが、私も子供の接し方についていろいろ考えさせられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣いてしまいます。  掲載日:2018/5/11
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
母になった瞬間を思い出させてくれる絵本です。
子供のことをとても愛しいと強く思わせてくれる絵本です。
まだ小さい私の子供たちが巣立つとき、またこの絵本を思い出し読み返したくなると思います。
娘が母になるときにはこの本を贈りたい、とても素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 季節の行事を学ぶ  掲載日:2018/5/6
こいのぼりぐんぐんこどもの日!
こいのぼりぐんぐんこどもの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
絵本として楽しめるのはもちろんですが、端午の節句、こいのぼり、といった風習について子供と学ぶことができて良かったです。
いろいろな日本の風習について日ごろから教えたいとおもっているので、こういった説明くさくないお話の絵本はとてもありがたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あかちゃんの本  掲載日:2018/4/23
みんな みんな いない いない ばあ
みんな みんな いない いない ばあ 文: 今村 葦子
絵: 斎藤 隆夫

出版社: あすなろ書房
あかちゃん絵本のいないいないばぁ。
定番でいろいろな絵本を読んできたけれど、どの絵本でもばぁの時の表情の笑顔が素敵でなんどでも繰り返し読みたくなります。
この絵本の動物たちもかわいらしい表情でいないいないばぁを繰り広げます。
ばぁの向こうにあるあかちゃんの無邪気な笑顔が想像できて幸せな気分になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おやすみなさいの本  掲載日:2018/4/19
おつきさまのかぞえうた
おつきさまのかぞえうた 作・絵: 新井 洋行
出版社: えほんの杜
やさしいお月さまの表情がかわいらしい印象の絵本です。
まだ0歳なので数の概念はありませんが、リズミカルな文章を楽しんでくれました。
お月さまのえほんはお休み前の読み聞かせにもちょうどよく気に入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度も読みました  掲載日:2018/4/19
恐竜リトルホーンと巨大翼竜
恐竜リトルホーンと巨大翼竜 作・絵: 黒川みつひろ
出版社: 小峰書店
幼稚園の絵本の部屋にこのシリーズがあり、絵本借りの日には在園時に何度も息子が持って帰ってきました。
結構リアルなイラストと小さな文字がぎっしりで小さな息子には難しいのではと思っていたのですが、息子なりにお話を楽しんで聞いてくれていました。
草食恐竜が知恵を振り絞って生き抜く姿は子供心にもドキドキするものがあったようです。
参考になりました。 0人

406件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット