しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ねこよんよんさんの公開ページ

ねこよんよんさんのプロフィール

ママ・40代・佐賀県、男の子6歳

ねこよんよんさんの声

392件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ハロウィンのことがわかる本  掲載日:2017/10/28
ハロウィーンって なぁに?
ハロウィーンって なぁに? 作: クリステル・デモワノー
訳: 中島 さおり

出版社: 主婦の友社
幼稚園に入って初めてのハロウィンパーティのお誘いを受けた息子へハロウィンの意味を説明するために選んだ絵本です。
大人の私もきちんとした意味を知らなかったので勉強になったし、とってもわかりやすく説明することができました。
ハロウィンの準備についても書かれていたの息子はでハロウィンパーティのワクワクがより高まったみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鼻の穴には。。。  掲載日:2017/8/1
ワニばあちゃん
ワニばあちゃん 作・絵: おくはら ゆめ
出版社: 理論社
可愛らしいピンクのワニのイラストの表紙に惹かれて図書館で借りてきました。
どんなお話か知らずに息子と読みましたが、ワニとワニの鼻の穴に住むありという設定に息子は大ウケしていました。
随所にちりばめられた鼻毛の文字におなかを抱えて笑う息子。。
馬鹿らしいけど面白いのです。
何度も繰り返し読ませられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢のようなはなし  掲載日:2016/9/29
だいすき、でも、ゆめみてる
だいすき、でも、ゆめみてる 文: 二宮 由紀子
絵: 高畠 那生

出版社: 文研出版
誕生日プレゼントのきりんとマンションで過ごす男の子というとっぴょうしもないおはなしですが、イラストのきりんのウィリアムの表情が愛らしくて、本当にきりんを飼えたらこんな悩みが出てくるのかもと想像しながら読むことができてとても楽しかったです。
大好きでも夢みてるというタイトルとおりにオチがあるのもくすりと笑うことができて良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんぐりたちの大冒険  掲載日:2016/9/29
ドングリ・ドングラ
ドングリ・ドングラ 作: コマヤスカン
出版社: くもん出版
個性的などんぐりたちが力を合わせて冒険に出かけます。
目的地は海の向こう。
いろいろな障害を乗り越えてまでたどり着こうとする場所に何があるのか?それは火山で焼けて何もない場所でした。でもがっかりする必要はありません、どんぐりたちが根をはり、森を作るためにやってきたのですから。
自分たちの力でおおきな森を作り上げようとするどんぐりたちの素敵な冒険、最後まで楽しむことができました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かくれんぼ♪  掲載日:2016/9/29
かくれん・・・ぼ
かくれん・・・ぼ 絵: 小西慎一郎
出版社: K koubo
いろんな動物たちがいろんな場所でかくれんぼ。
なんだか上手くかくれきれてなかったり、意外なところにかくれていたり、かくれんぼ♪といいながらページをめくるのがとっても楽しい絵本です。
赤ちゃん絵本らしい鮮やかな色彩がポップでおしゃれに感じます。


参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 想像力をはたらかせて  掲載日:2016/9/28
レインボウブックス ながれ
レインボウブックス ながれ 作・絵: 真砂 秀朗
出版社: 三起商行(ミキハウス)
文字のないイラストだけの絵本ですが、ながれというタイトル通り、生活には欠かせない水の流れをいろいろな場面で描いています。
優しい色合いのイラストも切り絵風のはっきりした線で描かれていて赤ちゃんにはわかりやすいのかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うつくしいイラスト  掲載日:2016/9/28
レインボウブックス ひかり
レインボウブックス ひかり 作・絵: 真砂 秀朗
出版社: 三起商行(ミキハウス)
文字のないイラストだけの絵本です。
文字のない赤ちゃん絵本はどうしてもお話しながらあかちゃんと会話するように読んでしまいがちですが、この絵本のイラストはとても優しくて美しく、なにも言わずあかちゃんにめくってあげたいなと思いました。
温かな光、優しい光、水の中の光、どれも素敵で飾っておきたくなるような絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どうぶつのおやこ  掲載日:2016/9/28
レインボウブックス いのち
レインボウブックス いのち 作: 真砂 秀朗 山岸 智幸
絵: 真砂 秀朗

出版社: 三起商行(ミキハウス)
いのちをテーマにということで描かれているのはいろいろな動物の親子のイラストです。
水彩画の風合いがやさしくて、でも色自体はグリーンやオレンジといったはっきりとした色を使用されているので赤ちゃんにもとってもわかりやすいと思います。
どのイラストも母親に寄り添った子供の様子が微笑ましく思わず笑顔になる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろんなかたち  掲載日:2016/9/28
レインボウブックス かたち
レインボウブックス かたち 作・絵: 真砂 秀朗
出版社: 三起商行(ミキハウス)
かたちの絵本というと、丸や四角のような形でできるイラストの絵本が一般的ですが、こちらの絵本はうずまきやひょうたん、ばなな、らくだ、など自然の中にある様々な形が単色で描かれているのがおもしろいなと思いました。
あかちゃんといっしょにイラストを手でなぞりながらやりとりする親子の姿が想像できていいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろんな気持ち  掲載日:2016/9/28
レインボウブックス きもち
レインボウブックス きもち 作・絵: 真砂 秀朗
出版社: 三起商行(ミキハウス)
赤ちゃん絵本ですが、きもちをテーマにした絵本が大好きな息子と読んでみました。
読むといっても文字はないので、ページをめくりながらそれぞれに感想をいいあってケラケラと笑って、ページ数は少ないですがしっかりじっくり楽しむことができました。
読み終わった後も息子は一人で左のイラストと右の表情のイラストを見比べながら、似てるねー、怖いねー、など楽しんでいました。
参考になりました。 0人

392件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット