マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

あっこさんさんの公開ページ

あっこさんさんのプロフィール

ママ・40代・宮崎県、男11歳 女8歳

あっこさんさんの声

34件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う サイの迫力にどきっ!  掲載日:2011/5/31
ほんとのおおきさ動物園
ほんとのおおきさ動物園 監修: 小宮 輝之(上野動物園園長)
写真: 福田 豊文

出版社: 学研
この本は実際の大きさに忠実に写真を載せた絵本です。
そのため、普通の絵本よりサイズが大きいです。
トラがきばをむく姿(実際はあくびの時撮った写真ですが)大きいと迫力があります。
見開きで紹介でするページ、その見開きがさらに左右に開けるページなどあって
大迫力です。
なかでもわたしはサイのページがお勧めです。
サイの角って何が変化してできたかを初めて知りました。
じろりとこちらを見ているので、「こわっ」と野性を感じます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 歯を分かってはははっ  掲載日:2011/5/30
はははのはなし
はははのはなし 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
むしば予防週間も近いので読み聞かせで読んであげました。
歯の役割、虫歯のできるメカニズム、予防するためには?
子供の歯の本数、大人の歯の本数など、楽しく説明しながらお話が進んでいきます。
文章の量は2年生にしては少し多いかもしれないのですが、
とても真剣に敷いてくれました。
(虫歯の心当たりのある子ほど真剣に聞いてくれたかも。)
かこさとしさんの科学絵本はいつも、よくわかるし、面白いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たのしくもりあがれます。  掲載日:2011/5/30
まるくて おいしいよ
まるくて おいしいよ 作・絵: こにしえいこ
出版社: 福音館書店
この本どの年齢の子にも定番のウケル本です。
かなり小さい子向けですが、読み聞かせの導入として使うのにいい感じです。
まるくておいしいものをクイズ形式で紹介していく本です。
黄色の丸は・・・クッキービスケット?
次の丸は?その次は??
途中カラフルな丸がたくさん出てくるのですが、その答えが意外性があって面白いです。
まるくておいしそうな食べ物を楽しそうに聞いてくれます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 果物を違う角度でみると・・・  掲載日:2011/5/18
くだもの なんだ
くだもの なんだ 作・絵: きうち かつ
出版社: 福音館書店
くだものの断面図がモノクロで紹介されていて
「なんだ??」と、問いかける本です。
見慣れた果物のはずなのにモノクロだとあれ?あれ?あれ?なんだっけ?
キウイの断面がきれいなお花に見えたり、カキの断面が鳥の顔みたいに見えたり。
読み聞かせで子供たちに問いかけるといろんな答えが返ってきます。
私「なんだ?」
子供「え〜?きゅうり?」
私「この本の名前、『くだものなんだ』だよ〜!」
子供「あ!あはは(笑)」
なんてこともあったりして楽しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しあわせなおやつのじかん  掲載日:2011/5/18
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
しろくまちゃんとお母さんがホットケーキを作る話です。

材料を準備して。。

中でも私が好きなのはホットケーキを焼くページ。

見開き2ページに繰り広げられています。

ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ

この語感の心地よさ。

あのホットケーキを焼く時の「早く焼けないかな?」「ぷつぷつがでてきたら裏返しだなあ〜。」「いいにおいがしてきた」そんなことを思い出します。

最後お母さんとお片付けして終わるのですが

幸せなおやつの時間を感じさせてくれます。

イラストがはっきりした色なので遠くからもはっきり見えるので

読み聞かせには向いていると思います。

また、小さいお子さんにも認識しやすいと思います。赤ちゃんくらいからOKの本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 身近なみずをみつめる。  掲載日:2011/5/18
みず
みず 作: 長谷川 摂子
写真: 英 伸三

出版社: 福音館書店
科学絵本です。
いろんな水の姿を写真で説明しています。
身近な存在をほんの少し違った角度からみています。
雨の日のクモの巣や、川などなど。
息子に「一年生に読もうと思うんだけど」と言うと
「きっと、ウケるよ!おちんちんが出てるから!」
「え??」
水遊びのシーンに男の子のかわいいおちんちんがチラリ。
今日読んだ子供は気付いた子が少し。秘かに笑っていました。
たまに元気な子が「おちんちん!!」と言いだすともうそこで盛り上がるのですが(笑)
今日はまじめなクラスで普通に聞いてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろい、ちょっとぶきみ?!  掲載日:2010/11/28
おふろ
おふろ 作・絵: 出久根 育
出版社: 学研
寒くなるとお風呂がいいのですね。

でも一人で入るって億劫なんでしょうね。

お風呂に入るとふしぎな男がいて。ふしぎなことを言ってきえていく。

そこからたくさんのおかしな出来事が。。。

最後のページの余韻の残し方がおもしろい。

というか、子どもにはちょっと怖いかも。

でもうちの小学二年の娘は大好き。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっとします。  掲載日:2009/11/19
ぼちぼちいこか
ぼちぼちいこか 作: マイク・セイラー
絵: ロバート・グロスマン
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
大阪弁の主人公のカバがいろんなことにチャレンジ!でも体が重すぎたりしてなかなかうまくいきません。
いろんな職種にチャレンジするのですが一度も成功例はなし。
でも悲壮感もなく大阪弁でコミカルに描いてあるので、子供たちも喜んでいました。
この本も最近全国区になった気がします。
以前は京都の図書館や本屋さんにはあったのですが最近はうちの近所でも見ます。

子供たちは笑って聞いてくれるのですが、大人の私はドジなカバが自分のようで(笑)最後の「ぼちぼちいこか、というこや」でものすごく救われます。
 
世知辛い世の中、いろんなことで失敗する人もいると思いますし、あせると思いますが、この本のカバのように「ぼちぼち」と思うと心が軽くなります。

ひそかに大人にもお勧めです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おならってそうなのね。  掲載日:2009/11/18
おなら
おなら 作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店
科学絵本です。
オナラについての解説なのですがやっぱり小さい子供は
おならとか大好き。一年生の読み聞かせに使ったのですが
くちで「ぶーーー」とおならをまねをしながら聞いてくれます。
「おならは臭いよ〜」とか言って聞いていました。
だんだん自分たちのおならの世界に入ってしまって細かい説明は「きいてくれたかな?」って感じです。
最後のオチの「さよ おなら」は反応がいまいちでまだ早かったかしら???と思いました。
自分の子供に一対一で読み聞かせしたときは最後の落ちまでしっかり楽しめました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どこまで?!!  掲載日:2009/11/18
わゴムは どのくらい のびるかしら?
わゴムは どのくらい のびるかしら? 作: マイク・サーラー
絵: ジェリー・ジョイナー
訳: きしだ えりこ

出版社: ほるぷ出版
坊やがベットの端に輪ゴムを引っ掛けてどんどん遠くに行きます。
部屋を出て、バスに乗ってどこまでいくの???というお話です。
大型本を一年生の読み聞かせに使ったのですが
最初は普通に見ていた子供たちも
「むりやろ?」「えーーー!!」と言い出して
坊やが窓から顔を出して輪ゴムを引っ張るながらロケットに乗っているシーンでは
「ありえね〜!」「宇宙に空気ないんじゃないの?」とか現実的な意見が。
幼稚園児ならそこまで的確な突っ込みはなかったのですがさすが1年生いろんなことを知っています。
成長しているなあって感じました。
単純だけれど面白い本です。
参考になりました。 0人

34件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット