みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。

キラキラ☆マミーさんの公開ページ

キラキラ☆マミーさんのプロフィール

ママ・40代・宮城県、男の子13歳 男の子11歳

自己紹介
今年5歳と3歳になる男の子二人のママです。
以前は寝かしつけ前に絵本を読んであげていましたが
最近お休みしていたので、またいい本に巡り合って
読んであげたいと思っています。
好きなもの
映画鑑賞、カラオケ、お酒、甘いもの
ひとこと
今年の春から絵本の活動に参加することになり
たくさんの絵本を読めそうです。
たくさんのジャンルを知って、我が家にもいい絵本が増えるといいなあ。

キラキラ☆マミーさんの声

348件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自分もにせものを作りたくなった!  掲載日:2014/11/9
ぼくのニセモノをつくるには
ぼくのニセモノをつくるには 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
大人気の「リンゴかもしれない」を書いた
ヨシタケシンスケさんの新作です。
今回はどんなお話だろう??と思い
早速読んでみました。

ニセモノをつくるために、ぼくとは何なんだろう?
と考えてたくさんの事をロボットに教えます。
それは好きなものだったり、過去の事だったり・・・

リンゴかもしれない、もそうですが
ヨシタケシンスケさんの考える先のアンテナは
本当に面白いなぁと思います。

自分のにせものを作って、面倒くさい事を
全部任せたいなぁと思いますが
最期のオチにやっぱりムリ?と笑いました。

自分を振り返るにも参考になる本と思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 見てたらラーメン食べたくなった!  掲載日:2014/11/9
かいけつゾロリ(30) かいけつゾロリあついぜ!ラーメンたいけつ
かいけつゾロリ(30) かいけつゾロリあついぜ!ラーメンたいけつ 作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社
かいけつゾロリのラーメン対決編です。

二つのラーメン店が競っているのを
ゾロリが手助けする、ふりをして?!
実はのっとってしまう・・・というストーリーなのですが
最後には意外な展開に。

対決している時のラーメンを見たら
たくさんの種類がでてきて
「え、こんなラーメンあるのか?」と、
思ってしまいました。

でも、読んだら思わず、「食べてみたい!」
と叫んでしまう本です。
実は自分も叫びました(笑)
是非読んでみてください。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 体の中に入ってみたくなった!  掲載日:2014/11/9
かいけつゾロリ(36) かいけつゾロリたべられる!!
かいけつゾロリ(36) かいけつゾロリたべられる!! 作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社
かいけつゾロリシリーズ 食べられる編です。

えんまからとんま大王へと格下げされてしまい
その原因がゾロリのせいだと逆恨みして
ゾロリを飲み込んでしまう事から始まるお話です。

口の中から胃の中へ、血管の中や肺の中など
「体じゅうの探検はおもしろそうだなぁ、
入ってみたいなぁ」と思いました。

一番面白かったのは、ゾロリが出口を探して
腸を通ってこうもんに行った時。
「ここから外に出ると俺たちはとんまのうんちになってしまう。」
と、険しい表情で熱く語っていたところです。
すごく大げさな感じだけど、ゾロリらしくばかばかしくて
とても笑えました。

この巻がゾロリシリーズの中で、一番のお気に入りです。
笑いたい人は、ぜひ読んでみて下さい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい レンコンが好きになった!  掲載日:2014/11/9
やさいむらのなかまたち 冬
やさいむらのなかまたち 冬 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: 偕成社
やさいむらのなかまたち 冬編です。
ハクサイ、ダイコンなどの冬野菜の
保存方法などが書いてあります。

この本を読んで、ブロッコリーが冬野菜だった!
ということと、カブは鈴に似ているから
別名スズナと言われている事を知りました。

その中でも特に心に残ったのは、レンコンです。
レンコンは体を中からキレイにしてくれる
という事を知って、大好きになりました。

この本は嫌いな野菜も詳しく分かり
好きにしてくれます。
是非読んでみて下さい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい セロリも秋なのね  掲載日:2014/10/19
やさいむらのなかまたち 秋
やさいむらのなかまたち 秋 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: 偕成社
表紙のイラストがとても可愛らしく
やさいに興味を持ってくれたらと
親子で一緒に読んでみました。

秋のやさい・・・いもにきのこなどなど。
定番なやさいに混じって、セロリが秋のやさいとは
知りませんでした!

4コマ漫画もあって、子供には読みやすいようで
何度も何度も繰り返し読んでいました。
保存方法も書かれているので
とても参考になりました。

やさい嫌いな子も読んで楽しめたら
少しずつ食べられるかもしれません!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食育にいいですね  掲載日:2014/10/19
やさいむらのなかまたち 夏
やさいむらのなかまたち 夏 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: 偕成社
去年あたりから畑で野菜を少しだけ
作るようになった我が家。
最近では、年中スーパーに野菜が並んでいるため
旬がわかるといいなあと読んでみました。

まずは、夏。
野菜についてのルーツだったり
どんな栄養が含まれているか、など。
可愛らしいイラストで書かれているので
何回も読んで、自然と覚えていました。

保存方法なども書かれていて
親も一緒に楽しめる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑いながら学べる本!  掲載日:2014/10/7
山のサバイバル
山のサバイバル 文: 洪在徹
絵: 文情厚

出版社: 朝日新聞出版
サバイバルシリーズの山編です。
これは、すごく爆笑してしまう本です。
特に、モモという子の体を張ったネタは
一番笑いました。

ですが、笑いだけではなくて
ちゃんと知識の部分もあります。

一番ためになったのは、ヘビに関してです。
関心したのは、歯型で毒ヘビかどうかを
見分けることができるという技です。

今後毒ヘビがいる地域に行くとき
とても参考になるなと思いました。
危険な地域に行く方はぜひ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まっつぁんは賢い!  掲載日:2014/10/7
落語絵本2 まんじゅうこわい
落語絵本2 まんじゅうこわい 作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス
とんち系の本です。
この本を読んで、まっつぁんは
実に頭の回転が早い人だと思いました。

なぜなら、わざとまんじゅうを嫌いなふりを
しながらも

「まんじゅうを沢山たべてやる!」

という、普通じゃあまり考えられない事を
実行しようとするからです。
本当はまんじゅうが大好きなんです。

今度、友達に同じような事をして、
引っ掛かるかどうか、実験してみようと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 縄文人はワイルド!  掲載日:2014/10/7
日本史の謎 1
日本史の謎 1 出版社: 小学館
縄文・弥生時代の暮らしなどを書いた本です。

特に面白かったのは、その時代の主食の事は
たくさん書いてあって、一番は「縄文クッキー」です。
あくぬきをしたどんぐりが入っています。

僕はイベントに参加して、縄文クッキーを
一度作って食べた事があるので
クッキーが書いてあるところを読んだ時
「また作って食べたいなぁ〜。」と
思わず言ってしまいました。

まんがももちろんありますのでぜひぜひ読んでみて下さい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい この人のおかげで、日本は大きく変わった!  掲載日:2014/10/6
小学館版 学習まんが人物館<第一期> 本田宗一郎
小学館版 学習まんが人物館<第一期> 本田宗一郎 出版社: 小学館
本田宗一郎の一生をつづった本です。
 
この本を読んで、分かったことは、
宗一郎は子供の頃から車と
車のガソリンのにおいが大好き!!
ということでした。

宗一郎は、バイクも作り始めました。
十年しかたっていない時、世界の一流メーカーに
レースを挑み負けてしまいましたが
そのくやしさをバネに頑張る姿に
感動しました。

僕も一度失敗しても、そのことをバネに
頑張ろうと思いました。
車やバイクが好き子に読んで欲しいです。
参考になりました。 0人

348件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット