キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

きいママさんの公開ページ

きいママさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県

きいママさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ハンバーガーを食べるスイカの顔が最高  掲載日:2010/9/26
くだもの だもの
くだもの だもの 作: 石津 ちひろ
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
かいすいよくにいかないスイカ
マンゴーのまご、まごまごまいご

韻を踏むような文章で、私としても歌うようにとても読みやすく、2歳11ヶ月の息子にもすんなり入っていく音のようで、とても楽しんで聞いていました。

くだもの大好きな息子は普段口にした事のあるくだものが出てくると得意そうに名前を言っていましたが、「マンゴーやパパイヤ、スモモ」が出てくると、どれどれどれ?と聞き倒してきました。

絵もとてもかわいくて、全てのくだものの名前を言わされました。
みんなで夏を満喫している様子がとてもよく出ていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読んでて楽し。  掲載日:2010/9/26
おやおや、おやさい
おやおや、おやさい 作: 石津 ちひろ
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
お皿に野菜が入っていても、トマト以外は特にスルーして食べない2歳11ヶ月の息子ですが、これを読んだのち、ゴボウと人参(きんぴら)をムシャムシャ食べてました。今日だけしか食べてくれないと思いますが(笑)

個人的には「かぼちゃ」のページが好きです。

韻を踏むような文章で、私としても歌うようにとても読みやすく、子供にもすんなり入っていく音のようで、とても楽しんで聞いていました。

絵もとてもかわいくて、全ての野菜の名前を言わされました。

たくさんの本を読んでも、また読みたい!と言う本にはなかなか出会えませんが、これはまた読んでとおねだりされました。お気に入りの様です。

くだものだものも一緒に読みました。これも最高です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うちのばあちゃんも  掲載日:2010/9/26
ばあちゃんのおなか
ばあちゃんのおなか 作: かさい まり
絵: よしながこうたく

出版社: 教育画劇
私の実母(2歳11ヶ月の孫の祖母)のおなかも大きくてまんまるで。
絵が力強くてキュートで好きです。

小さい事にはこだわらなさそうな
おおざっぱな心の大きいようなばあちゃん。

私の母と3歳の子供の前で笑いながら読み進めて行くと。。
・・・悲しいお話だったんです。

突然だったのでびっくりしました。
2歳11ヶ月の息子には、まだちゃんと「死」について教えてないので
ちょっとうやむやにお話を終えてしまいました。

うちのばあちゃんは生きているので、まだこのお話は理解出来なくていいです。

絵の色彩が派手できれいな事と、ダイナミックな所、ばあちゃんと遊んでる孫の姿がかわいいので、私は好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 息子のツボ  掲載日:2010/9/20
ふたり
ふたり 作: 谷川 俊太郎
絵: 中辻 悦子

出版社: クレヨンハウス
2歳10か月の息子が大爆笑。今まで絵本を読んでいて、こんなに大爆笑したのはこの本が1番でした。私には余り意味は分かりません。きっと意味はないのでしょう。でも、「あいうー えおか きく?」「だ ぢづで? ど なにーぬ!」とかええええ?っていう文字が並んでいるだけなのに、面白いんですよ。息子のツボにはまりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵がかわいい  掲載日:2010/9/17
かいものづくし
かいものづくし 作: いしだえつ子
絵: いしはら えみこ

出版社: 福音館書店
石原美枝子さんの絵のタッチが優しくて、なかなかいいと私は思うが、子供からしたらどうなんだろう・・ちょっとポワっとしていて見にくいかな。。でもかいものごっこ好きな息子は読み聞かせ中、ちゃんと、これな〜に?これな〜に?と指でさして聞いてきて、楽しそうにしていました。内容は商店街にある、魚屋、肉屋、八百屋、総菜屋、豆腐屋、靴屋、果物屋、パン屋、花屋、蕎麦屋と。。ずらりとページいっぱいに描いてある絵本で、ページ数は22項と、とても薄い本です。文章も殆どありません。うちの近くには商店街は無いのですが、もっと涼しくなったら、子供と手をつないで商店街を歩きたくなるような本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今年の夏たくさんスイカを食べた我が息子  掲載日:2010/9/8
だめだめすいか
だめだめすいか 作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド
主人公の名前を息子の名前に替えて読みました。息子は迫力のある色のきれいな絵に吸い込まれるように見入って、お話も楽しそうに聞いていました。自分のじいじにスイカを一人で持って行きたいと言っていました(笑) タヌキ君の楽しそうな誘惑に一生懸命打ち勝って、でもタヌキ君がかんかん照りの山道にまだいるのかな〜っと気になる様子は、とてもかわいく、子供らしかったです。ぷりぷり太めのタヌキ君も愛嬌があってとてもかわいかった。後姿なんてとっても。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ママの読み方次第で  掲載日:2010/9/6
おどります
おどります 作・絵: 高畠純
出版社: 絵本館
とても単純な絵本ですが、ママの力の見せ所で、メケメケ〜フラフラ〜を愉快に楽しく歌いながら読んであげたら、初めは乗り気じゃなかった2歳の子供も、中間ページくらいまでいくと、その単純さに、きちんとストーリーを聞かなくてもいい絵本なんだと理解し、満面の笑顔で腰を振り振りしていました。2歳くらいの子には丁度いいし、文字も多くないので、飽きる前にパッと終わってしまいます。少し物足りないかも。もう少し踊って〜〜と思いました。でも息子は気に入っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かにが頑張ります  掲載日:2010/9/6
かにのケーキやさん
かにのケーキやさん 作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好

出版社: ポプラ社
私が小学校低学年の頃大好きだった絵本です。すでに25年近く前なのでさすがに余り売っていないのですが、図書館にはかろうじてボロボロですがありました。かにが一生懸命お客さんの要望に応えて素敵なケーキを作るお話です。かにの夫婦で力を合わせる感じもなんだかホワっとします。2歳の子に読み聞かせしたのですが、まだ少し早いかなと思いましたが、絵にかわいさと迫力があるので息子もとても好きな一冊になりました。こちらのサイトで在庫があれば、是非購入したいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい からすがたくさん  掲載日:2010/9/5
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
かこさんの作品は私が小さい頃からお世話になっているのですが、中でも一番覚えているのがこの本です。息子に読んであげたら、パンがたくさん出てくるページで凄く興奮して喜んでいました。その後、読み続けて行くと、更にたくさんのパンがページいっぱいに描かれていて、またまたおおおっと興奮して、全てのパンの名前を言わされました(笑)。メッセージ性が強めな作品では無いと思いますが、単純に見てて、読んでて楽しい気分になる作品だと思います。でも2歳の子には、まだ少し早いのか、読み聞かせている途中に次のページをめくりたがってしまいます(少し文字が多い) それでもママは頑張って読みます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私も昔読んだ絵本  掲載日:2010/9/1
ぶたぶたくんのおかいもの
ぶたぶたくんのおかいもの 作・絵: 土方 久功
出版社: 福音館書店
小さい頃、読んだ本のタイトルを一生懸命思い出して、またぶたぶたくんのおかいものに出会う事が出来ました。今でも売っているのですね。私情が入ってしまうので、評価は甘めなのですが・・2歳の子には少し分文章が長いので読んでいるうちに飽きてしまうかも知れないですね。でも息子は道路などが絵で描かれている本が大好きなので、最後のページにある雑に描かれた迷路みたいな絵で遊んでいます。何回も何回も図書館で借りてきます。絵はシュールです。ぱんやのおじさんの雑さも愛嬌です。
参考になりました。 0人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット