話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記 1987−2019 椰子の木とウィスキー、郷愁
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記 1987−2019 椰子の木とウィスキー、郷愁

著: 牧野伊三夫
出版社: 誠文堂新光社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥13,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年12月18日
ISBN: 9784416718407

896ページ

出版社からの紹介

書籍挿画や雑誌挿絵、広告など、多岐にわたり活躍する画家・牧野伊三夫の30年以上にわたる仕事をまとめた、初となるイラストレーション作品集。

「イラストレーション=複製を前提として描く絵」と定義し、書籍や雑誌等の出版物や広告物をはじめ、自費出版や、自身でデザインも手掛けるちらしや葉書など、数万点もの作品のなかから約1000点に絞って掲載する。

近年では画業に留まらず、執筆においても多数の連載や自著も持ち、酒や食などの嗜好を通しての交友関係も広い牧野。

本書では、各仕事を通してかかわってきたデザイナーや編集者などの関係者とのエピソードをまとめたエッセイも約20篇収録。
グラフィック・デザイナーとしてキャリアをスタートさせた著者ならではの、各仕事に応じた様々なイラストレーションの思考やアプローチがわかる内容となっている。

イラストレーターを目指す人はもちろん、デザイナーや編集者といった、出版関係者にも必読の書であるとともに著者らしい、肩ひじを張らない、絵の楽しみを教えてくれる一冊である。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


牧野伊三夫さんのその他の作品

おえどのおなら / 子ざるのかげぼうし


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 芸術総記 > 牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記 1987−2019 椰子の木とウィスキー、郷愁

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット