ギフトにぴったりロバート・サブダのしかけ絵本(大日本絵画)

ギフトにぴったりロバート・サブダのしかけ絵本(大日本絵画)

いまや、しかけ絵本作家さんといえば一番に名前があがるロバート・サブダ。
日本でもたくさんのしかけ絵本が発売され、絶大な人気を誇っています。
その繊細な作りは、子どもだけでなく大人をも魅了しています。

今回ご紹介する大日本絵画のロバート・サブダしかけ絵本は、ギフトやプレゼントにもぴったり!
大切な人へのプレゼントや、あえて繊細で壊れやすいしかけ絵本をお子さんに贈ることで、
紙は壊れやすいこと、繊細な絵本はどうやって扱ったらよいのかなど、
実際に手に触れて、その美しさとともに、絵本を大事に扱うことを体感してもらうきっかけになるかもしれませんね。

それではロバート・サブダの世界観を存分におたのしみください!

おすすめの作品

しろいふゆ
  • 品切れ中

しろいふゆ 絵本

本体価格: ¥2,000+税

『不思議の国のアリス』で、「しかけ絵本」の存在を一躍有名にした「紙の魔術師」ロバート・サブダさん。あっと驚く独創的な飛び出すしかけと、一度見たら忘れられないその圧倒的な物語の世界に、世界中が魅了され続けています。サブダさんの代表作『不思議の国のアリス』の制作秘話とご本人の子どもの頃のお話など、しかけ絵本にまつわる素敵なお話をたっぷりと伺いました!記事の最後に、『不思議の国のアリス』のクライマックスシーンが楽しめる特別ノベルティ付きしかけ絵本セット限定販売のご案内もあります。 どうぞ最後までお楽しみください!…続きを読む

ロバート・サブダ プロフィール

ニューヨーク・タイムズ紙上で、児童書のベストセラーの創作で知られるロバート・サブダ。
1965年3月8日にアメリカ・ミシガン州の田舎に生まれました。若い頃からアーティストとしての才能に恵まれ、両親や先生たちの応援もあって、生涯を創作活動に没頭することを心に決めました。
プラットインスティテュートに奨学生として入学し、卒業後は児童書のイラストレーターになりました。彼のアート原稿は、豪華なコラージュから驚異のポップアップの構造物までと、非常に幅広いものでした。
これまでに、ロバート・サブダは優れた動く絵本(Movable Book)作品に与えられるメッゲンドルファー大賞を二度も受賞しています。彼の作品は、アメリカ図書館協会の“注目すべき書籍”の常連になりました。

またサブダは、テレビ番組『Today Show』と『Good Morning America』に定期的に出演しています。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット