新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
うまうま あーん!

うまうま あーん!(評論社)

食べることがきっと楽しくなる!

  • かわいい
  • 盛り上がる
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  制作日記  >  第2回 チラシ発送大作戦!

連載

よしなが こうたく さん 『給食番長』シリーズ新刊を追え!広報中嶋の突撃レポート

連載トップへ

制作日記

2012.02.27

  • twitter
  • Facebook
  • line

第2回 チラシ発送大作戦!

「こんな本がでますよ」と本屋さんにお知らせするための大切なもの。それがチラシです。
これを見て、書店員さんが注文を出してくれます。チラシなくして、本は並ばないのです!今回は、そのチラシの話。

長崎出版では、本の担当編集者がチラシも作ります。
どうすればパッと目にとまるかな。どう書けば、本の魅力が伝わるかな……。考えながらの作業で、結構神経を使います。書名、価格、本のサイズ、ページ数など、本の情報を盛り込んで、でも、読みやすく。
絵本では、お話のイメージが伝わることがなによりも大切。よしながこうたくさんから届いた、まだラフの段階の絵も載っています。ある意味、とっても貴重ですね〜。

▲担当編集・瀬尾がチラシを作りました。今回、所要時間は2時間くらいとのこと。

編集者が心をこめて作ったチラシは、営業部隊に手渡され、心をこめて(?)コピーされます。
北海道出張を控えた営業の勝谷が持っていく分、営業をお願いしている専門の会社に送る分など、かなりの枚数を一気にコピー。この間、プリンターが営業に独占され、編集長たりとも、それを邪魔することは許されません。

ほかに、このチラシを書店にFAXもします。
書店員さんがチラシの注文欄に冊数とお店の判子を押して戻してくれて、注文完了!という運び。編集者は、気になって気になって、戻ってきたチラシを入れる箱を、頻繁にのぞきに行ったりしてしまうのです。
つまり、チラシは、書店さんとの交流の第一段階。お見合い写真のようなものです。そりゃあ、編集および営業も、力がこもりますね〜。

▲営業の勝谷、念を込めながら発送しました!

ちなみに、タイトルはまだ「仮」みたいです。

▲それにしても、「ちこく姫」って一体……!?

(長崎出版 中嶋)

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


いくつのえほん掲載絵本児童書一覧
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット