しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
みんなきえちゃえ!!!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなきえちゃえ!!!

作・絵: コキルニカ
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,500 +税

「みんなきえちゃえ!!!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ある日、ぼくは まほうのはこを ひろったんだ。
このはこは いやなものを なんでも すいこんでくれる はこなんだって。
――ぼくは悪くない! 悪いのはみんなの方だ! イライラさせるものを箱の中に吸い込ませた。
これで快適! だったはず…。でも何か違うみたいなんだ。
表現力豊かな線画で描かれた、子どもの心を育てる絵本。
■第10回新風舎えほんコンテスト金賞受賞作品。

ベストレビュー

一人になりたい!

表紙に箱が書いてあってこのタイトルです。内容は想像できます。
これが図書館の「友達の本」というコーナーに置いてあり、
「なんとブラックな。これは絵本?」
そんな第一印象に引っ張られて読みました。

あぁあぁもうもう想像通りです。
だんだん閉じてゆく心、捻じれて動かぬ口元、小学校高学年くらいを思い出します。
中二の思春期娘もさぞ共感するかと思いきや、表紙に一瞥くれ「そんなことしたら不便やん(生きていけないよ)」と一蹴。ちょーっと大人でした。
小学校中高学年が気に入るでしょうかね。

意外だったのは自分も箱に入ってしまうこと。自己嫌悪も描かれておりました。
ここまで描くなら、自己嫌悪を癒した後にいつもの生活に戻った様子も描いてホッとさせて欲しかったかも。
こんなことあるよね、でも後悔しちゃうよね、でも大丈夫だよと一時のことだよと感じさせてくれたらよかったな。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みんなきえちゃえ!!!

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット