あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
きゅうすいとうの くじら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きゅうすいとうの くじら

  • 絵本
作・絵: リュディガー・シュトイー
訳: 佐久間彪
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「きゅうすいとうの くじら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

今は使われていない、古い大きな給水塔。あちこちにひびがはいっているその訳は・・・・・・・。男の子とお父さんとくじらの秘密の冒険です。

ベストレビュー

フィクションなの!?

川で捕まえた魚が日に日に大きくなるので、
お父さんが管理人を勤める給水塔の貯水槽で
こっそり飼うというストーリー。
まず長男は給水塔って何?となったので、その説明から。。
扉絵にドイツで今も残されている給水塔の写真が載っています。
読み始めると、いつの間にか主人も覗き込んでいて、
家族全員でお話の中に引き込まれていました(笑)
男の子とお父さんの秘密のペットというような展開が
長男も(主人も!)気に入ったようです^^☆
そして、どんどん大きくなる魚を海に放すまでの救出劇も
ダイナミックで、とても楽しめました♪

現実にあったお話のようなリアルさもあり、
それでいて、とても非現実的な空想世界でもあり、
読み終わった後に、とても不思議な感覚が残る絵本です!!
(** for dear **さん 30代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐久間彪さんのその他の作品

バベルの塔 / ちっちゃなもぐら / ちきゅう / むかし べツレヘムで / きいてよ こいしが はなしてる / くろいひつじの メーリ



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

きゅうすいとうの くじら

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット