ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ずっとずっと空の彼方までも行っている気分なのです。
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ずっとずっと空の彼方までも行っている気分なのです。

  • 絵本
作・絵: 小渕 もも
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ずっとずっと空の彼方までも行っている気分なのです。」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

英国の映像作家デレク・ジャーマンが最期に選んだ場所――ダンジネスの浜。
1994年にエイズで亡くなった彼は、ドーバー海峡沿いにあるダンジネスの浜に終の棲み家を築きました。彼はそこで、浜に流れ着いた空き瓶や打ち捨てられた鉄屑などをつかって「庭」をつくったのです。その庭――砂地の上に点在する数々のオブジェは、やがて滅びゆくすべてのものたちへのオマージュのように、風雨に晒されながら今も遺っています。そして、訪れる者たちに何ごとかを囁きつづけています。
彼が亡くなった直後、日本のいくつかの雑誌でも彼の特集が組まれました。HIV感染と同性愛への偏見に満ちた世界にあって、彼は映像というアートをつかってそれらを覆すかのごとく話題作を次々と製作していったからでした。そうした雑誌の特集記事を目にした著者がこの地を訪れたのは、2001年秋のことです。「この浜があっての彼の庭だったのだ」と、その荒涼とした浜辺の風景を見て思ったといいます。そして、2002年に再び訪れた著者は、断片的に思い浮かぶイメージを描きつけていきました。そんなふうにして庭を描いた25枚のイラストに、そのときに感じたイメージをのちに言葉としてつけていったものが本書です。
和紙のような紙に、絵の具だけではなく、ガーゼや糸をつかってイメージを表現したイラストは、「イラストレーション界にとっての快作」と、その世界では第一人者といえる宇野亜喜良氏によって絶賛されています(本書「まえがき」より)。著者自身の不思議な精神世界を表す文章とあいまって、ページをめくるたびに見るひとをあたたかな場所に誘ってくれる、そんな素敵な本になったと思います。ほっと一息つきたいときに手に、取っていただきたい本です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

小渕 ももさんのその他の作品

あるひはるがきていました / 希望への扉 リロダ / おいちにの だーるまさん



こどもに大人気!のりもの・はたらくくるまが大集合

ずっとずっと空の彼方までも行っている気分なのです。

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット