話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
おちびのネル―ファーストレディになった女の子―

おちびのネル―ファーストレディになった女の子―

  • 絵本
作・絵: バーバラ・クーニー
訳: 掛川 恭子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

「おちびのネル―ファーストレディになった女の子―」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784593503810

出版社のおすすめ年齢:6歳〜

出版社からの紹介

「おちびのネル」と呼ばれた女の子は、9歳で両親を亡くし、ぬくもりのない家庭で育ちました……。社会福祉活動で有名な、ルーズベルト大統領夫人エレノアの子ども時代を描く。

ベストレビュー

クーニーの絵本

よく人の一生の中で幼児期は人との信頼関係を築く上で最も大切という言われ方をします。

でも、ネルは両親からかわいがられて気にかけられて育ったわけではなく、むしろみそっかす的な扱いをずっと受けながら過ごすのです。

そうした人が後年人道的な働きができるようになるというのは、まるで奇跡のようなのですが、ネル自身が生まれ持っていた良い資質を開眼させてくれる出会いというものがあればこそなんだなあと思いました。

ネルが人生の師ともいうべきマドマアゼル・スーヴェスターから教えられたこと

「じぶんのことを考えなさい、質問しなさい、じぶんの人生、ひとの人生に、情熱をもってふかくかかわりなさい」ということ。
特に、「ふかくかかわる」ということは、今の自分の生活の中ではともすると避けがちなことではないかと思いこの言葉が深く心に入ってきました。

クーニーの絵本ということで手にとりましたが、クーニーの画風にはどこか凛としたところがあり、ネルの生き方にも凛としたところが感じられ、そこが相通じるところなのかもしれないと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

関連記事

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

おちびのネル―ファーストレディになった女の子―

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら