話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
もりのおばけ

もりのおばけ

作・絵: 片山健
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 1980年

ベストレビュー

なんで怖いのか分からなかったけれど。

 片山健さんの初期の作品です。私が幼稚園児のときに、怖いながらもよく読んでいました。
 兄弟が森に散歩にでかけます。お兄ちゃんは、弟よりもかけっこが早いことを見せつけようとしますが、気づいたときには、薄暗い森の中でひとりぼっち。怖くて「おーい」ってよんだら、おばけがあっちからもこっちからも。
 今読み返すと、やっぱり怖いです。おばけの顔は、よくみるとユーモラスでかわいい。でも、その表情がどのページも変わらないのが、不気味。
 男の子の気持ちが自慢から不安へ、危機感から安心感へと変わっていく様子が、年月を経ても味わえます。
(竹の香りさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子3歳)

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

片山 健さんのその他の作品

だーれもいない だ−れもいない / なっちゃんの なつ / とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの


絵本ナビホーム > > もりのおばけ

子どもの感性を育み、こころに残る絵本児童書8選 レビューコンテスト<西日本ファミリー読書>

もりのおばけ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット