大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
絵巻えほん ゲゲゲの鬼太郎妖怪島へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵巻えほん ゲゲゲの鬼太郎妖怪島へ

  • 絵本
作: 水木 しげる
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784772101387

4歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

弱いものいじめをする悪い妖怪を退治するため、鬼太郎とその仲間たちが妖怪島へやってきた。鬼太郎たちは得意技を使って大活躍!お互いに呑めや、歌えの大宴会で大いに盛り上がり…。中国をはじめ、世界の妖怪190が大集合。別冊付録では、全妖怪の特徴を楽しく解説。アコーディオン式にたたまれたユニークな絵本は全長2.8mの大画面。何度見ても新しい発見があります。

ベストレビュー

ストーリーのある絵巻絵本

この頃、私の住んでいる地域では土曜日の朝に、
親の私にとっては懐かしい「ゲゲゲの鬼太郎」がやっています。
なぜか息子はそれをみて、めっちゃはまったらしく、毎週欠かさずみるほどに^^;

息子はこの絵巻きえほんシリーズも大好きで、
図書館からかりてくると、毎回和室いっぱいに広げて、
ひたすらのぞいています。

今回も大好きな絵巻きえほんの上に、
内容が鬼太郎の登場するお話。
息子には万々歳の絵本なのです^^;

この絵巻絵本、しっかりストーリーも展開されていて、
息子にとっては自分でお話を作りながら、
展開できる絵本なのです。

ある意味ままごとをしているような感じなのかなあ。
絵本を読んでいる姿を見ながらそんな感じがしちゃいました。

男の子だったら、結構はまる絵本ではないかと思います☆彡
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水木 しげるさんのその他の作品

まるごとシールブック 水木しげるの和紙ら妖怪シール帳 / 水木しげるの妖怪なぞなぞめくり 家の中の巻 / 水木しげるの妖怪なぞなぞめくり 山里の巻 / 水木少年とのんのんばあの地獄めぐり / 角川つばさ文庫 ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾 妖怪大相撲の巻 / 水木しげるのふしぎ妖怪ばなし 7 ゲゲゲの鬼太郎とオベベ沼の妖怪



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

絵巻えほん ゲゲゲの鬼太郎妖怪島へ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット