雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
ちいさいときは なんだった?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさいときは なんだった?

作: 小風 さち
絵: 織茂 恭子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1990年

5才〜6才向き
こどものとも 1990年4月号

出版社からの紹介

ひなこは窓の外をながめて、お母さんにいいました。ひなこ小さいとき、ヒヨコだったのよ。お母さんはそのとき、にわとりだったの。ネコがやってきたら、お母さんが背中におんぶして逃げたの。でもほんとはケムシだったのよ。葉っぱからぶら下がって背比べ。でもほんとのほんとは、イチゴのあかちゃんだった……。ひなこの想像はどんどんふくらみます。(こどものとも409号)

ベストレビュー

成長するとき

 裏表紙の絵が、すべてを語っているようです。
自分自身と、お気に入りのうさぎさんと、相棒のネコと、
そして、自分よりも小さな弟と。
なかよく互いに見合って微笑む光景は、
姉としての自覚をよびおこす、自然な所作のように思えました。
 ひなこちゃんの、自由奔放な想像に遊ぶ絵本です。
弟や妹の増えた子どもなら、きっと感知できる内容なのでしょうね。
おかあさんに、姉としてのアピールをしているのですから。

 読み手も子どもにならなきゃ、いけません。
感謝
(もゆらさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


小風 さちさんのその他の作品

よ・だ・れ / ピクルスとふたごのいもうと / わにわにのかるた / おおきな3びき ゆうえんちへいく / こぶたのピクルス / ちいさなきしゃと おおきなおきゃくさん

織茂 恭子さんのその他の作品

みねこのみちくさ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(5) 古田足日子どもの本 / まよなかのかくれんぼ / 海からきたおじちゃん 改訂版 / おばあちゃんへ / 気がつけばカラス



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

ちいさいときは なんだった?

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット