庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ちいさいときは なんだった?」 みんなの声

ちいさいときは なんだった? 作:小風 さち
絵:織茂 恭子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1990年
評価スコア 3.25
評価ランキング 36,771
みんなの声 総数 3
「ちいさいときは なんだった?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 成長するとき

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     裏表紙の絵が、すべてを語っているようです。
    自分自身と、お気に入りのうさぎさんと、相棒のネコと、
    そして、自分よりも小さな弟と。
    なかよく互いに見合って微笑む光景は、
    姉としての自覚をよびおこす、自然な所作のように思えました。
     ひなこちゃんの、自由奔放な想像に遊ぶ絵本です。
    弟や妹の増えた子どもなら、きっと感知できる内容なのでしょうね。
    おかあさんに、姉としてのアピールをしているのですから。

     読み手も子どもにならなきゃ、いけません。
    感謝

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • たわいないおしゃべり

    • まきのすけさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    赤ちゃんを抱っこして忙しそうなお母さん。
    かまってほしいけれど、じっと我慢して窓の外を眺めているひなこ。
    我が家の光景のようでした。

    ひなこが「ひなこ、ちいさいときは○○だったのよ!」と、
    目につくものをどんどん挙げてお母さんの気を引く様子がかわいらしいです。

    普段、「おねえちゃん」としていろいろ我慢を強いられている長女は、共感するところがあるのが、ひなこをじっとみつめていました。
    本を押さえる私の指が、ひなこの抱いていたウサギを隠していたときには「ウサギが見えない!」と注意するほど。

    最後の「ほんとは おかあさんの あかちゃんだったんだ」というひなこの言葉に、ちょっとじ〜んとしてしまいました。
    こんなに大きくなって、自我も芽生えて、叱ることも多くなったけど、あんなに小さな赤ちゃんだったんだよなぁ……とじみじみ。
    「おねえちゃん」と「おかあさん」にお勧めの絵本です。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でケムシ?ポケット?

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    主人公のひなこちゃん、なんで小さい頃は人間じゃなくて
    卵だったり ケムシだったり、ポケットだったと思ったのでしょう?
    それが分からないまま、曖昧模糊とした感じで終わってしまうので
    消化不良な、なんとも解せない感じでした。
    のっぺりとした展開の割に 文章量が多いので、聞いていた子供達は
    退屈している様子でした。

    掲載日:2006/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット