あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!
まゆみんみんさん 40代・ママ

秋祭り!
私が生まれ育った地域は,お祭りというと…

YUKKOさんの公開ページ

YUKKOさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、女12歳 女10歳 女8歳

YUKKOさんの声

671件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ぜひ羽化の観察を♪  投稿日:2010/08/04
セミくんいよいよこんやです
セミくんいよいよこんやです 作: 工藤 ノリコ
出版社: 教育画劇
セミくんが羽化する日に、その羽化を待ち望んだ虫さん達が
精いっぱいの歓迎会を開く、心温まるお話です。

羽化する前のセミくんのお部屋がめちゃくちゃ可愛い。
バムケロ・ファン必見です!(笑)
羽化スーツが吊ってあったりします。

新しい家族の誕生と同じように
仲間の羽化を待ち望む様子に、命の奇跡を感じます。
命の短い虫さん達を温かく見守りたいですね♪

現在6年生の長女が3年生だった3年前、
夏休みの自由研究でセミの羽化を観察しました。
その時、次女と三女も一緒に観察していたので
羽化の神秘的な様子を思い出しながら絵本を読んだようです。
実は虫ぎらいな我が家ですが、
セミの羽化には感動しましたよ〜♪
皆さんもぜひ、セミの羽化を観察してみて下さいね♪ (^_-)-☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 海の世界観  投稿日:2010/08/04
うみ
うみ 作・絵: G・ブライアン・カラス
訳: くどう なおこ

出版社: フレーベル館
表紙からして夏らしい作品です。
夏休みに入って、2週間あまり…。
もう海に行かれた方もいらっしゃるのでは?

この絵本の特徴は、なんといっても!
主語が「ぼく=海」だということです。
海目線の世界観は、どのようなものでしょうか?

『ぼくを汚さないでね』という文章もあり、
環境問題にもつながりそうですよ。

著名な詩人たちの海に関する詩が
たくさん出てきて味わい深い内容です。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 肯定は潜在能力を発掘  投稿日:2009/08/07
ウエズレーの国
ウエズレーの国 作: ポール・フライシュマン
絵: ケビン・ホークス
訳: 千葉 茂樹

出版社: あすなろ書房
自分の子どもが ほかの子たちから浮いていたら、親は心配したり、
子どもに一言アドバイス?じみたことを言いたくなりそうなものですが
ウエズレーの両親は ウエズレーを信じて温かく見守るだけ。
でも そのほうが、子どもに自立心や ヤル気を与えますよね♪

ウエズレーの≪自由研究≫は本当に壮大です。
「周りの子がこうするから、自分も そうしよう」ではなく、
何でも自分で考えて、自分が良いと思うものを選択するのです。

ウエズレーは 独自の植物を育てて 実からジュースを作り
茎の繊維で服や帽子を作ります。自分で日時計も作り、
オリジナルの遊びもたくさん考え、しまいにはウエズレー語まで!
最終的に、ウエズレーの国が完成します。

ウエズレーの両親が
何でも画一化されている町で はみ出し者の息子を温かく見守り
肯定して見守ることで、ウエズレー自身の自己肯定感が確保され、
彼の潜在能力が大きく開花した結果だと思います。

親として、教育にたずさわる一員として、
子どもを信じ肯定する大切さを改めて感じました。
親子で少し違った楽しみ方の出来る作品だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 遊び心ある大人って素敵!  投稿日:2009/08/05
デイジー、スパイになる
デイジー、スパイになる 作: ケス・グレイ
絵: ニック・シャラット
訳: よしがみ きょうた

出版社: 小峰書店
昔、ケス・グレイさんの「ちゃんと たべなさい」を気に入って
よく図書館で借りていた長女が、同じ作者さんの作品だからと
借りてきた1冊です。

一人でスパイごっこを始めるデイジー。
勝手に考えた暗号めいた、意味不明な言葉に皆、首をかしげますが…
デイジーに調子を合わせて一緒にスパイになってくれたお母さんは素敵♪
その上、お母さんの暗号めいた提案は、デイジーを喜ばせるものでした。
私も、デイジーのお母さんのように子どもの遊び心に便乗できるような
遊び心ある大人でいたいと思います♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 侮れない子どもの目  投稿日:2009/08/05
だめだめ、デイジー
だめだめ、デイジー 作: ケス・グレイ
絵: ニック・シャラット
訳: よしがみ きょうた

出版社: 小峰書店
昔、ケス・グレイさんの「ちゃんと たべなさい」を気に入って
よく図書館で借りていた長女が、同じ作者さんの作品だからと
借りてきた1冊です。

「だって」という言葉、大人も子供もつい使いがちですよね。
この本のデイジーとお母さんのやりとりって、
どこの家でも日常に起きていることで、共感を呼びやすいと思います。

そして、この「だって」の後には「〜なんだもん」と
自分を擁護する言葉が続きます。みんな自分を理解して欲しいんですよね♪
相手を思いやる大切さについて、ふと頭をよぎった作品でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 詩的な天地創造の話  投稿日:2009/08/05
とりになった はっぱの はなし
とりになった はっぱの はなし 作: 今西 祐行
絵: しのとおすみこ

出版社: ポプラ社
タイトルに「天地創造」と大げさに書いてしまいましたが、
この地球上のものを 神さまがお造りになったという話の中の
木(葉っぱ)と鳥の部分だけ抜粋されたようなストーリーです。

言葉遣いも詩的で美しく、ゆっくりテンポで読むと
上質な詩的空間に とっぷりと浸れる感じがします。
しのとおさんの油絵も詩的な世界を上手に引き立ててくれています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ベルギーに伝わる話  投稿日:2009/08/05
おしっこぼうや せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし
おしっこぼうや せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし 作・絵: ウラジーミル・ラドゥンスキー
訳: 木坂 涼

出版社: らんか社
小さな男の子が我慢できずに塀の上からおしっこをしたところ
大人たちが戦争を終えたという、ベルギーに伝わる話です。

「おしっこぼうや」という言葉からは想像できませんでしたが、
あの小便小僧のことだったとは!
これからは、小便小僧を見るたびに このお話を思い出しそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あくびは伝染  投稿日:2009/08/05
おひさまぽかぽか
おひさまぽかぽか 作・絵: 笠野 裕一
出版社: 福音館書店
天気の良い日に干したお布団って お日さまのにおいがしてフカフカで
思わず頬ずりしたくなりますよね♪
だから このお話のように、みんなが干したお布団に寄って来て
思わずうたた寝したくなる気持ち、私もよーく分かります♪

2000年の「こどものとも」作品ですが、
昭和を思わせる縁側のある日本家屋や 優しげなおばあちゃんの表情に
なにかホッとする郷愁を覚えます。

この本でも一人があくびすると誰かに伝染していますが、
実際に あくびって伝染しますよね♪ 共感できる点の多い温かい作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生命力あふれる作品  投稿日:2009/08/05
14ひきのかぼちゃ
14ひきのかぼちゃ 作: いわむら かずお
出版社: 童心社
自分で種から野菜を育てると、芽が出た喜びや
花が咲き、やがて それが実となる喜びを次々と味わうことが出来ますよね。
この作品では、その感動が14匹の子ねずみ達の表情を通して
活き活きと描かれています。
登場する虫や花たちも、とても丁寧で美しく描かれています。

最後に皆でかぼちゃ料理を食べる、かぼちゃ色のページが
とても温かくて気に入っています♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 母は家族の太陽  投稿日:2009/08/05
ねずみのかいすいよく
ねずみのかいすいよく 作: 山下 明生
絵: いわむら かずお

出版社: ひさかたチャイルド
スイカを食べたり、海水浴に出かけたり、
日本の夏の風景が満載の作品です。
海水浴の帰りの電車で眠ってしまった7つ子ちゃんの姿も可愛いです。

この作品では お父さんが困った状況に陥って
7つ子ちゃんに助けてもらうのですが、
どの場面でも、お母さんがにこやかに家族を見守っている表情が
柔らかくて素敵だなぁと思いました。母は家族の太陽ですね♪
参考になりました。 0人

671件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット