くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むずむず・もじもじのくろくまくん。トイレに行ったら、すっきり・さっぱり! トイレが楽しくなる絵本!

もゆらさんの公開ページ

もゆらさんのプロフィール

その他の方・60代・神奈川県

自己紹介
家内と娘のミニマム3人家族のおとうさんです。
暇を見つけては、図書館の絵本コーナーにすわりこんで
読みふけって、メモをとっています。
好きなもの
フラメンコギター、明太子、お話づくり、どうぶつえん、
絵本のこと、色のこと、文字のこと
ひとこと
自分自身が親でいられる、子どもに感謝しなければいけません。
そして子育ての責任は、エンドレス・・・。還暦過ぎて気付いたお粗末さ。
絵本に励まされ、教えられ、涙や笑いをたくさんもらって育てられ、
良書は尽きず、この今もあふれています。
しあわせなこと、しあわせなこと。
ブログ/HP
仕事と趣味合体のホームページです。
散らかっていますが、どうぞお気軽にお越しください。

もゆらの本ばこ

公開

  • 海をわたった折り鶴
  • むしのほん
  • おじいちゃん、戦争の話を聞かせてください。 五年一組 八木 湧太郎
  • あめのひのくまちゃん
  • おおやまさん
  • つみき
  • でんしゃが きた
  • どうぶつものがたり
  • ポッケのワンピース
  • まめだぬき
  • もじゃもじゃペーター
  • 宮沢賢治の絵本 貝の火
  • 福音館文庫 ミス・ヒッコリーと森のなかまたち

もゆらさんの声

572件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う きみのうしろに、ほら。  投稿日:2019/11/15
うちゅうじんは いない!?
うちゅうじんは いない!? 作・絵: ジョン・エイジー
訳: 久保 陽子

出版社: フレーベル館
 宇宙は広いぞー、勇気ある絵本応援したいな。
ちょっと寂しいぞー、たったひとりで知らない星に。
ちょっと眼計画だぞー、ただ探し歩くなんて。
ちょっと無神経だぞー、野の花?たおるなんて!
(マナーもちゃんと守らないとね)

 冒険はすごいぞー、夢を探してなんでも挑戦!
無理と思うより、興味を深める好奇心に感激するなぁ。
なんだかワクワクするなぁ。

 新しい時代へ絵本も、鍵をつかんだか!?
ちょっぴりだけどでも、嬉しくなりました。
ジョン・エイジーさんに、感謝。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさいのきもちになれる!  投稿日:2019/11/15
おやさいしろくま
おやさいしろくま 作・絵: 柴田 ケイコ
出版社: PHP研究所
 見て楽しい。聞いて興味津々。
想像すると、もう笑い転げたくなるような絵本だなぁ。
思いもつかなかった、野菜の中に体を埋めようとは・・・。
 それにちゃーんと畑との関係も、土との関係もきっかけが絵解きされているなんて、ステキです。

 柴田ケイコ先生に、もう感謝、感謝。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしいきもちになるえほん  投稿日:2019/11/15
みんなありがとう
みんなありがとう 作: サトシン
絵: 北村 裕花

出版社: 神宮館
 なんたってお父さんとの散歩がいいでしょ!
裕花画伯の虹色の笑顔描きがステキでしょ!
ありがとう、ありがとうって、ありがとうのバトンも
なんだか心が洗われていくからステキでしょ!
出てくる仲間のともだち思いの気持ちもステキでしょ!
 最後にね、おかあさんの待つお家に帰ってくなんて、
Home Sweet my Home!って、なんてステキなんだろう。

 サトシン先生、裕花画伯、ステキなえほんを
ありがとうございます。
 感謝!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う こどもなら、きづく。  投稿日:2019/11/15
そらをとんだワンダ
そらをとんだワンダ 作: 小手鞠 るい
絵: たかす かずみ

出版社: マイクロマガジン社
 やさしい絵筆のぬくもりがページからあふれます。
ひらがなの角のとれた文字も子どもに読みやすいです。
川で溺れそうになっていたライオンの仔の、その後の一生を描き出すという壮大な創作内容ですが、幼稚園児くらいが対象と限定されたのでしょうか・・・。

 本来の親しみやすいえほんの世界が、想像を安易に誘う映画を観るかのような技法でサンドイッチされていて、正直戸惑いました。なんとなく蹴躓いた感じですね。

 ページが増えたとしても、いいものはいい。こどもならきっときづくはずです。
小手鞠るい先生とたかすかずみ画伯の今後に期待します。

 感謝。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きみの手も想像たっぷり  投稿日:2019/11/15
おてて だあれ?
おてて だあれ? 作: ふくなが じゅんぺい
絵: たかしま てつを

出版社: KADOKAWA
 簡単に誰でも、歌いながらリズムをとって
自分の手と、ともだちの手、お母さんの手、お父さんの手、
おじいちゃんやおばあちゃんの手とで遊べちゃう。
なんだか遊びの原点だなぁ、これ。
 手が想像力を膨らませるなんて、ステキです。
影絵はこうやって遊んだけれど、リズムをとればまた
別の遊びにもなるんだね。

 ふくながじゅんぺい先生、てつを画伯、
おてて おてて チョキと チョキで だーれだ?
シュワッチ! 感謝!
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う みらいへつなぐ、きみたちへ。  投稿日:2019/11/14
ほら、ここにいるよ このちきゅうで くらすためのメモ
ほら、ここにいるよ このちきゅうで くらすためのメモ 作: オリヴァー・ジェファーズ
訳: tupera tupera

出版社: ほるぷ出版
 おーきなはなし。ひろーいはなし。
いーっぱいのはなし。
 きみが生まれた、地球のおはなし、人間のおはなし。
陸や空や海、動物や人間、昼や夜、大都会や大自然のこと。
いいこと、こまったこと、あまりにいーっぱいありすぎて、
時間はあーっという間になくなるぞ。

 それでもきみができること、まだまだいーっぱいある。
きみの生まれた星、地球はたった一つ。
はだの色も話すことばも、いーっぱいいろんな人いるけれど、みーんな人間。みーんな同じ地球のなかま。

 HERE WE AREって、いいね。ひとりじゃ、ないね。

 アーティスト・オリヴァーに、感謝。
すてきなメッセージを、ありがとう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 版画の人肌が、いい。  投稿日:2019/11/14
ねこのさら
ねこのさら 作・絵: 野村 たかあき
監修: 柳家 小三治

出版社: 教育画劇
 落語家の話術が文字に乗り移るとあら不思議、文字から小三治の声が、耳の奥に聞こえてくる。まるで版画の肌をなぞるように、絵本の中に語りが流れ始めるのだ。
 するとどうだ、のどかな田舎の茶屋の景色が、舞台の奥に見えるようだ。道具屋の粋な着物柄、茶屋主の粗末な笑顔、柱の木肌、猫の汚れた毛並み、件の「絵高麗茶碗」の梅文様・・・。野村画伯の手が刻んだ絵のぬくもりが、小三治の声の主、文字たちを今度は引き立てる。

 落語もいい、画伯の絵もまたいい。
お後がよろしいようで、感謝、感謝。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あぁ、うっとりする  投稿日:2019/10/13
しずかな みずうみ
しずかな みずうみ 絵・文: 山崎 優子
出版社: 至光社
 どこだっけ、こぼれるような満天の星空に包まれたのは。
どこだっけ、広い広い草原で夜明けの風を聞いたのは。
この絵本を読み進めると、遠い昔の記憶も広がってくる。

 あぁ、とてもいい気分、ワクワクしてくる。
きれいな澄んだ空気の、湖の真ん中で、キラキラ光って
空にすいこまれていくような。

 山崎優子画伯、ステキなえほんを、ありがとう。
感謝。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 平和の礎  投稿日:2019/10/13
火のカッパ
火のカッパ 作: 漆原智良
絵: 横松桃子

出版社: 国土社
 時代は移り、おとぎ話はどんどん増えてゆくのです。
その中には、本当の話が実はいっぱいあるのかもしれません。
今、平和な日本でいられるのも、そんなおとぎ話のお陰だろう、
そう思います。

 カッパを私は見たことがありません。
だから昔のゲンタと同じです。
でもこの頃、自然の猛威、時として暗くて大きな力を感じます。
それがもし、人や国が引き起こすものだとしたら?
ゲンタのおばあちゃんの気持ち、少しわかる年齢になりました。

 平和を願っても、持っていられるようなものではありません。
カッパがなぜ今現代も人間にいるのか・・・。
水の中にいるはずのカッパが、なぜ火のカッパになるのか、
とても大きな宿題をもらった気がします。

 漆原智良さま、ももこ画伯、感謝です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う こりゃぁ、哲学だ!  投稿日:2019/10/13
むれ
むれ 作: ひろた あきら
出版社: KADOKAWA
 むれ・・・群がっている集団で中の各々はみんな同一ではない。
この絵ほんには、たくさんの「むれ」が描かれている。

 それなのに、
はじめの一行、たった一言で、
「いっぴき」と「その他」とに、ぜーんぶ変換させてしまう。
「その他」はみんな各々同一ではないのに。

 かと思えば、
極端に個性むき出しの「いっぴき」らがたくさん現れて、
本来の「むれ」を丁寧に表現する。
各々同一ではないこと、それは自然なことなのに。

 どちらも「むれ」、どれも「むれ」。
でも当たり前だけど、各々はみんな同一ではない。
みんなと違う何かを持つのは、当たり前なのに
ここではそれが特別のような、錯覚を覚えてしまった。

  言葉としてのゲームがなければ、素直に素敵だったと思う。
心理の奥にある何かが、私の中で働いてしまったのです。
ひろた画伯の何かに、触れてしまったのでしょうか。

 感謝。
参考になりました。 0人

572件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 フランス編(翻訳家・ふしみみさをさんに聞きました!)後編

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット