だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
アニーとおばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アニーとおばあちゃん

  • 絵本
作: M・マイルズ
絵: P・パーノール
訳: 北面 ジョーンズ 和子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「アニーとおばあちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ナバホ・インディアンの少女アニーと、死を間近にした祖母との物語を通して、子どもたちに「死」とは何か?静かに語りかける。

ベストレビュー

時は止められない

ナバホ・インディアンの人生観でしょうか。
老人はいずれ死ぬことを悟り、生前の形見分けをしようとするのでしょうか。
孫のアニーにはその自然観に納得できません。
死ぬことを語るおばあさんの時間をなんとか止めようとするのですが、自分の中でから回り。
おばあさんに、時間は取り戻せないのだと諭されます。
いずれ大地に帰ることを当たり前のように受け入れるナバホ・インディアンの人生観。
あるがままを受け入れる心の在り方が、心に響きました。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

アニーとおばあちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット