貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
「死」って、なに? 〜かんがえよう、命のたいせつさ〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「死」って、なに? 〜かんがえよう、命のたいせつさ〜

  • 絵本
作: ローリー・ブラウン マーク・ブラウン
絵: ローリー・ブラウン マーク・ブラウン
訳: 高峰あづさ
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

死ぬってどういうこと?大好きな人が死んだら,どうすればいい?子どもに問われ,返答に迷う内容を,わかりやすく説明した絵本。

ベストレビュー

息子の質問へ

去年曾祖母を亡くした3歳の息子は、葬儀の全てに立ち会いました。
火葬場でのことも鮮明に覚えているようです。収骨の途中で外に出て空を見上げたので「おばあちゃん、これからはいつもお空から見てくれてるよ」と言ったら、半年以上たった今でも 「エレベーターみたいなやつに乗って、どうやってお空に行ったの?」と聞いてきます。
そこでこの本を読んであげると、何度も読みたがり、熱心に見て聞いて、この質問をしなくなりました。
彼の中で何か納得できたのだろうと思います。
(月の華さん 40代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

マーク・ブラウンさんのその他の作品

本、だ〜いすき! / ほんをよめばなんでもできる / D.W.じてんしゃにのる / D.W.うみにいく / アーサーのなつやすみ / アーサーのたんじょうび



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

「死」って、なに? 〜かんがえよう、命のたいせつさ〜

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット