ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
とんだよ とんだよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とんだよ とんだよ

作・絵: 青山登
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,300 +税

「とんだよ とんだよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ピー ピー ピー「いいなあ とびさんは じゆうに おそらをとべて」と みのむしくんはいいました じっと えだに ぶらさがっている みのむしくん まいにち まいにち おおぞらを みあげては とびさんのように とべたらいいのにと おもっていました…(本文より)。空を飛ぶ鳥に憧れる小さなみのむし君と、それをあたたかく見守るやさしい仲間たちのおはなし。か弱い生命の力強さを多彩なタッチで描いた、ボローニャ国際絵本原画展入選作家の第一作。

ベストレビュー

懐かしや、みの虫くん。

みの虫くんのおはなし。
私が小さい頃は身近にいたみの虫も、最近はまったく見ない。
ところが、先日娘がみの虫を見つけました。
まだ、ちっちゃかったけれど、間違いなくみの虫。
それも、2匹。驚きでした。
それからしばらく歩いていたら、また、見つけた!
今度は、5匹。さっきよりもさらに小さかった。
木にぶらさがっていなくて、コンクリートの壁に必死に(?)しがみついていました。
人知れず必死に生きていたみの虫。
大人になった私が気がつかなかっただけなのか・・・
ちょっぴり、ショックでした。

その後、図書館に行くと、偶然にもこの本に出会いました。
「すごい!」と思いました。
そして、思わず借りてきました。

あとがきにあったように、私も小さい頃経験しました。

そして、このおはなしのように、小さい命も大切に出来る優しい子になってほしいなって思いました。
(多夢さん 40代・ママ 女の子6歳)

出版社おすすめ




『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

とんだよ とんだよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット