話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

かぼちゃおじさんとわがままつる草

かぼちゃおじさんとわがままつる草

作: マーガレット・マーヒー
絵: ヘレン・クレイグ
訳: 清水 奈緒子
出版社: らんか社

税込価格: ¥1,602

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784915632815

ベストレビュー

我がままなつる草との会話が面白いです。

イラスト担当のヘレン・グレイグの描く、かぼちゃおじさんは円形脱毛症らしいのに、前髪だけやけに伸ばしてたらしていて、ひょろっとした姿が、いかにも優しいだけで何かと損ばかりしてしまいそうな、人の良さが出ていて良かったです。
かぼちゃを育てることが唯一の趣味(それともそれが仕事なのでしょうか?)の、通称かぼちゃおじさんは、ある日、通りがかりにしゃべる珍しいつる草に出会います。
そのつる草は、人様の庭先に咲いていたのですが、その家の人が世話をしてくれないと、自主的にかぼちゃおじさんの荷車に乗ってきてしまいます。
そのつる草のしゃべるとこしゃべるとこ!我がままいい方だい!かぼちゃおじさんはかぼちゃの世話をしたいのに、つる草の我がままを聞いてくれちゃうんですよ〜。
見ている方は、面白いけど、当の本人は嫌でしょうね〜。
結局最後には、元の持ち主がつる草を見つけて、連れて帰るのですが、そのもとの持ち主とつる草の会話も、なんだかなれっこのバトルになっていて、面白かったです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子5歳)

関連記事

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

かぼちゃおじさんとわがままつる草

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら