ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
くもさん なにを みた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くもさん なにを みた

作・絵: アンナ・ツスソウバ
訳: 高村喜美子
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くもさん なにを みた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ちいさい雲の子がいました。この雲の子、どこかに行きたくてしかたがありません。やっと許しがでて風に乗り出発しました。川や海を見ました。そして太陽が木や草を枯らしているのを見たときに、雲の子は、悲しくて、泣いて泣いて、雲のかたらだは……。

ベストレビュー

お花をちりばめたようなくもさんの絵

知りたがりやの「ちいさいくもさん」は、どうしても山の向こうの広い世界を見たくて仕方ありませんでした。ある時、やっと遠くに飛ばしてもらったくもさんが見た世界と、遊びすぎた太陽によって引き起こされたその世界の危機。くもさんの涙がその危機を救います…。

絵がとても幻想的できれいです。くもはお花(雪の結晶?)をちりばめたように描かれています。娘は「男の子なのに髪の毛が長いの?」と言っていましたが、本当に女の子みたいなかわいさです。

ちいさくなってしまったくもさんは、結局もとの世界には帰れないのかなぁ…こうやってくもって消えていくのかなぁ…読み終わった後に話しながら、娘は夢の世界に入りました。
(わらはべさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

高村喜美子さんのその他の作品

クリスマスのおくりもの



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

くもさん なにを みた

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット