雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
オウエンとムゼイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オウエンとムゼイ

作: イザベラ・ハトコフ
絵: ピーター・グレステ
訳: ベッキー
出版社: 日本放送出版協会

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オウエンとムゼイ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

世の中捨てたもんじゃないね!

赤ちゃんカバのオウエンと年寄りカメのムゼイ。
この異なった種の動物が、絵本の表紙では仲良く寄り添って
寝転がってます。
そんな2匹の仲良くなるまでと、どんなになかがいいのか。
ということをつづったお話しなのですが、
このお話しの背景には2004年12月、東南アジアの大津波で
お母さんカバとはぐれた赤ちゃんカバを保護するために
たくさんの人々が手を施したお話しも書かれていて、とても感動しました。

オウエンが何故、オウエンと名付けられたのか?
どうして、年老いたカメと仲良くなったのか?
詳しく描かれたお話しに、子どもたちもいつしか涙を浮かべながら聞いてました。

2匹の微笑ましいお話しはもとより、この荒んだ
世の中のなかでこんな素敵なおはなしがあったんだ〜って感動のあらし!
是非、みなさんにも読んで欲しいな〜
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

オウエンとムゼイ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット