貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
赤んぼ大将さようなら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

赤んぼ大将さようなら

  • 児童書
作: 佐藤 さとる
絵: しんしょうけん
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,080 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「赤んぼ大将さようなら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

SFファンタジー

「海へいった赤んぼ大将」、「赤んぼ大将山へいく」の続編にあたるこの作品は、前二作から実に25年が経過していました。

作品の内容自体が25年後の話となっており、実際にこの本が発刊されたのもちょうど25年が経っていたというのは、とても不思議な因縁を感じます。

前二作が発刊されたのは、なんと私が生まれる前!
佐藤さとるさんの作品は、その面白さから年代の古さをほとんど感じさせないので、息子に三冊を読み聞かせてみましたが、25年も経っているという感じは全くしませんでした。

ちなみに息子が一番好きだったのは、二作目の「赤んぼ大将山へいく」でした。
三作目では、25年後という設定の為、タッチュンが実際に登場するまでにかなりのページを要しているので少し物足りなさは感じたものの、懐かしいタッチュンやモンザエモンと思わぬ形で出会えたのが嬉しかったです。

欲を言えば、まだまだタッチュンの冒険物語の続きが読みたいところですが、タイトルにあるように、これで終わりかと思うととても残念です。

挿絵も、村上勉さんの絵ではなく寂しい感じはしましたが、モモンガの可愛らしい描写や、愉快な時計たちの様子等、好感の持てるものでした。

このシリーズでは、時計という登場人物がタイムマシンのような働きをし、実に面白いSFファンタジーになっています。
子どもにでも理解できるようなSFの入り口として、佐藤さとるさんの見事な作品の一つだと思います。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

佐藤 さとるさんのその他の作品

かぜにもらったゆめ / コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / 新イラスト版 コロボックル物語 だれも知らない小さな国 / えんぴつ太郎のぼうけん

しんしょうけんさんのその他の作品

ひめさまと二十日ねずみ / ねこがわんいぬはにゃん / おかあさんのおとしもの



『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

赤んぼ大将さようなら

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット