ばあ〜っ! ばあ〜っ! ばあ〜っ!の試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版
おやこでいっしょに「ばあ〜っ!」 赤ちゃんとの毎日が楽しくなる絵本です!

MYHOUSEさんの公開ページ

MYHOUSEさんのプロフィール

ママ・40代・富山県

マイ絵本棚

他の本棚

チェック済

公開

MYHOUSEさんの声

533件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 1ねんせいが待ち遠しくなる  掲載日:2017/3/22
とのさま1ねんせい
とのさま1ねんせい 作・絵: 長野 ヒデ子 本田 カヨ子
出版社: あすなろ書房
こんなお茶目な殿様がいたら楽しいですね。
遊んでばかりは困りものですが、どこか憎めない殿様です。

そんなお勉強嫌いの殿様が、なんと1年生になるというから大騒ぎ!
1年生になるのは嫌な殿様と、なんとか説得しようと頑張る家来たち。
さぁ果たして殿様を無事一年生にすることは出来るのでしょうか。

今までの園生活からガラッと環境が変わり、新しく1年生になる子にピッタリの絵本です。
読みながら、殿様と一緒に1年生になるのが楽しみになるといいですね。

いつの時代でも、真新しいランドセルは見ていてワクワクしてきます。
昔と比べて、本当に色とりどりになりましたね(^^)
そのほかにも色んな持ち物が出てきて、どういったことに使うのか、読みながらお話するのも楽しそうですね。

1年生になるのが待ち遠しくなる、春に読みたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひとつは多い?少ない?  掲載日:2017/2/23
ぜったいひとつだからね
ぜったいひとつだからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
タイトルを見て「何がひとつなんだろう?」とワクワクしながらページをめくりました。
な〜るほど、そういうことか!
親なら誰しも言ったことのあるセリフ、「ひとつだけよ」。

お店に行けば欲しいものがいっぱい!たった一つだけなんて選べない。
でもその「ひとつ」も「ゼロ」に比べると多い数なわけで。

お話を通して、たくさんの数字が登場します。
そして、足し算、引き算、掛け算、割り算・・時計の読み方まで出てきて、年齢的には小学校上がるくらいの子にちょうどいいかもしれません。

この絵本のチャーリーとローラみたいに、日常生活で楽しく数字と触れ合っていけば、自然と算数が身に付きそうですね(^^)

二人のやり取りは可愛らしいし、イラストもカラフルでキュート。
青リンゴや葉っぱのコラージュもオシャレだし、小さなマトリョーシカがなんとも可愛らしいなと思いました。
また新しい続編が読みたくなる、大好きなシリーズです(^^)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 受け止める大切さ  掲載日:2017/2/23
ぜったいがっこうにはいかないからね
ぜったいがっこうにはいかないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
もし我が子が「絶対学校には行かないからね!」と言い出したら、
きっと頭を抱えてしまうでしょう。
でもこの絵本では、チャーリーが見事にローラを学校へ行かせることに成功します。

あれこれ理由をつけては学校へ行きたくないと言うローラ。
その心の底に、新たな世界へ入っていく不安の心がありました。
チャーリーは、そんなローラの気持ちをしっかり受け止めて、いつだって「大丈夫!」と背中を押してくれる心強い存在。

兄妹のやりとりが何とも可愛らしく、微笑ましくもありました。
つい大人目線で叱ったり、口やかましく言ったりすることがありますが、チャーリーのように子どもの目線に立って、楽しく!接していきたいなと思いました。
それにしても、子どもの空想力ってスゴイですね。楽しい!

イラストも、とてもカラフルで可愛らしい。
表紙の方眼とスケールが、なんともオシャレで素敵だなと思いました(^^)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ガミガミをやめてみよう  掲載日:2017/2/23
ぜったいたべないからね
ぜったいたべないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
食べ物の好き嫌い。大人も子どもも苦手なものの一つや二つ、誰にだって心当たりがある。
でも、ローラの好き嫌いはかなり多い。
これを何とか食べさせようと頑張るお兄ちゃんのチャーリーの作戦に、思わず「グッジョブ」!

「好き嫌いしちゃダメよ」、「身体にいいから残さず食べなさい!」・・
つい口うるさく言ってしまうけど、そんなガミガミをやめて、この絵本のように楽しく想像力をふくらませて食事が出来たら、きっと苦手なものでも美味しく食べられる気がします。

お話も面白くて楽しいし、何よりチャーリーとローラの兄妹のやりとりが可愛くてたまりません!
こんな優しくて楽しいお兄ちゃんがいたらいいなぁ。

イラストもとてもカラフルでオシャレでキュート!
写真とのコラージュに、センスがキラリと光っています。

毎日の食卓が楽しくなりそうな1冊。
早速、我が家でも試してみようかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像力と、ゆとりと、遊び心と。  掲載日:2017/2/23
ぜったいねないからね
ぜったいねないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
今回もローラはチャーリーを困らせちゃってます。
「あたし、ぜったい寝ないからね!」
これで困ったことのある大人は絶対に多いはず。
なかなか寝ない子どもの寝かしつけほど大変なものはない。

ローラのあれこれ言ってくる難題にも、チャーリーは持ち前の想像力で、一つ一つクリアしていきます。
私ならついイライラして「バカなこと言ってないで早く寝なさい!」と怒鳴ってしまうところ。
チャーリーの見事な切り返しと、心のゆとりは見習いたいです。

素敵なのは、チャーリーもローラも楽しい空想を楽しんでいるところ。
寝かしつけは大変な作業ではなくて、この兄妹にとっては遊びの一つなんだな、と思いました。

イラストがとってもカラフルで、写真とのコラージュもオシャレ。
特に小さなパジャマが可愛すぎ!

ユーモアと愛情あふれる楽しい1冊です(^^)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な夢が見れそう  掲載日:2017/2/23
よるのこどものあかるいゆめ
よるのこどものあかるいゆめ 作: 谷川 俊太郎
写真: むらいさち

出版社: マイクロマガジン社
谷川俊太郎さんの素敵な詩と、むらいさちさんの幻想的な写真が、美しい1冊の絵本になりました。

美しい海の青。色とりどりの可愛らしい魚たち。
眺めているだけでも心癒される写真がたくさん。
そこへ谷川俊太郎さんの耳に優しい詩が心地よく響きます。

こんな絵本を読んだ後は、ゆったりとした眠りにつけそうです。
まぶたを閉じれば、明るい海と可愛らしい魚たち。
暗い闇の夜から、明るい素敵な夢の世界へ。

大人から子どもまで、とびきりのお気に入りになりそうな1冊です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 愉快な七福神  掲載日:2017/1/25
しちふくじん
しちふくじん 作: 立川 志の輔
絵: 中川 学
編: 倉本 美津留

出版社: 岩崎書店
宝船に乗ってやってくる七福神。何やらめでたい表紙です。
お正月に読むのにピッタリですね(^^)

そういえば、七福神全員の名前、言えたかな〜?と思いつつページをめくると、ちゃんと表紙見返しに名前の紹介がありました☆

男の子が七福神に向かって柏手を打つと、なんと本当に家にやって来てビックリ!
しかもなんだかこの七福神、やたらと賑やかで愉快な神様たちです。
勝手に人の家のせんべいを食べたり、漫画を読んだり。ゲームで遊んでる神様もいます。自由人ですね(笑)

そして色んなかくし芸を教えてくれるのですが、どれも面白いですね!
ダジャレに数遊び、漢字にダマシ絵・・・弁財天に至っては「出来るか!」とツッコミどころ満載です。

富山在住なので、志の輔師匠の落語絵本ということで、親近感を持って読ませて頂きました。
いつの日か、実際にこの落語が聞けたらいいな、と思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 衝撃すぎる  掲載日:2017/1/17
はなくそ
はなくそ 作: アラン・メッツ
訳: ふしみ みさを

出版社: ロクリン社
まずタイトルが凄すぎる。なんというストレートな・・・
どんな話が展開されるのか、ちょっとドキドキ。

おそろしいオオカミが意外にも綺麗好きなのには驚きました。
そしてその綺麗好きを逆手にとってオオカミを退散させるとは!
ジュールって、実はすごく頭の良いコブタだったんですね(^^)

オオカミもいなくなり、ジュリーとも仲良くなれるなんて、
はなくその威力は絶大!まさに、はなくそ様様(笑)

特に男の子の読み聞かせで大ウケしそうな1冊です。
ただし、はなくそを食べるのはマネしないよう注意が必要(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑いとリラックス  掲載日:2017/1/11
バクのほんやさん ぐっすりおはなしえほん
バクのほんやさん ぐっすりおはなしえほん 作: たきせあきひこ
絵: 渡辺 千春
朗読: 倉島 麻帆
監修: 安達 太郎

出版社: エー・アール・シー
この絵本は普通にある絵本とは違い、寝かしつけの為の絵本です。
こういった類の絵本は初めて読んだので、とても新鮮で勉強になりました。

特に、ストレスが眠りの妨げになっているということ、リラックスするためには笑いがとても効果的だということがよく理解出来ました。

確かに、大人でも不安なことや様々なストレスがあると眠れなくなること、よくあります。
ストレスフリーになることはなかなか難しいことですが、なるべく笑って過ごしたいと思いました。

3つのお話は、どれも楽しく、しかもだんだん眠たくなるような内容になっています。
読み聞かせのポイントなども書かれているので、参考になりますね。

さらに、巻末にはちょっとしたパズルも載っていて、これも安眠できる要素になっているらしく、へぇ〜!となりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 大切なこと  掲載日:2017/1/11
大きなクスノキ
大きなクスノキ 作: みその たかし
絵: さとう そのこ

出版社: 高陵社書店
まるで大きなクスノキに抱かれているような、深い緑色の表紙。
絵本の内容も心に沁みる、とても素敵なお話でした。

春になると満開になるピンクの桜も良いけれど、緑の葉っぱを生い茂らせている、どっしりとしたクスノキがウタちゃんは大好き。
嬉しかったこと、悲しかったこと、6年間毎日のように色んなことを話してきたクスノキさんは、大きな友だちのような存在です。
そんなクスノキさんが切られてしまうことになり、ウタちゃんが大奮闘します。

実話を元に作られたお話、しかもウタちゃんは作者であるみそのさんの娘さんがモデルだと知り、驚きました。みそのさんは造園家でもいらっしゃるそうで、木は勿論、様々な生き物の生態についても詳しく、とても勉強になりました。

クスノキを守ることは、その周りの多くの生き物を守ることにもつながっていることを知りました。とかく自己中心的な考えで生態系を壊してしまう恐ろしさ、身勝手さを反省させられました。

優しい色遣いの挿絵にも、とても癒される絵本でした。
参考になりました。 0人

533件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

やんちゃなデイビッドはママにおこられてばかり!でもね…

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット