おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

MYHOUSEさんの公開ページ

MYHOUSEさんのプロフィール

ママ・40代・富山県

マイ絵本棚

他の本棚

チェック済

公開

MYHOUSEさんの声

543件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 叱りどころ褒めどころ  掲載日:2017/4/14
デイビッドがっこうへいく
デイビッドがっこうへいく 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
イタズラ好きでやんちゃなデイビッド、今回は学校で色々やらかしてくれてます。

元気な男の子なら多少なりとも「あるある!」と思う行動ですが、周りの友だちや先生は大変ですよね。
学校のルールや友だち関係等、家にはない「ダメ!」が結構あるし、そこは先生が一つ一つ注意して教えなくてはなりません。

でも先生のすごいところは、デイビッドの悪い行動はしっかり叱り、褒めるべきところはちゃんと褒めているところ。
このメリハリが出来ているからこそ、信頼関係も生まれるし、先生のことを好きになるのかもしれませんね。

先生のセリフがノートに書かれてあるところや、教室の様子など、とてもセンスの良さを感じました。
丁寧に描かれたタッチや、温かい色使いの挿絵も素敵な作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりママが大好き!  掲載日:2017/4/14
デイビッドがやっちゃった!
デイビッドがやっちゃった! 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
とにかくイタズラで元気一杯、やんちゃな男の子デイビッドが、あれこれ言い訳しているお話です。

デイビッドなりに色々考えてますね〜!
 「ボールが」とんでったの
 「コップが」たおれちゃった!
さも自分のせいでないように言ってますが、全部自分のせいです(笑)

でも、そんな言い訳も、すべてママに怒られたくないから。
だってデイビッドが一番好きなのは、やっぱりママだから!

ママの「だめよ」は「愛しているわ」ということ、と作者の前書きにもあるように、この作品もママとデイビッドの愛で溢れています。

デイビッドのありえないイタズラにクスッと笑いつつ、最後は温かい気持ちになれる1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お母さんは偉大だ  掲載日:2017/4/14
だめよ、デイビッド!
だめよ、デイビッド! 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
子どもが小さかった頃に読んで、今回また久しぶりに読みました。

そうそう、やんちゃな男の子ってこんな感じ!
いつも何かやらかして、とにかくじっとしてなくて、気が付いたら母親は
「ダメ!ダメ!ダメ!」と連呼している。

デイビッドもお母さんを怒らせようとか、困らせようとか、そんな気持ちは
無いのだろうけど。
ポジティブに見ると、元気があっていいし、遊びの創造力は豊かだし、
これはこれで才能だと思うのだけど。
それでもやっぱり言ってしまう「だめよ、デイビッド!」

でも、最後のページではお母さんの愛情が溢れていて、
その愛の大きさと、母の偉大さに涙が出そうになる。
いけない行動は叱っても、存在そのものをまるごと受け入れてくれる、
そんな母親でありたい。

お話は勿論、丁寧に描かれた挿絵、温かい色使いに深い愛情が感じられる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色々考えるきっかけに  掲載日:2017/4/14
されどオオカミ
されどオオカミ 作・絵: きむら ゆういち
出版社: あるまじろ書房
オオカミと聞くと悪い者の代名詞のように思われがちですが、「本当にそうなの?」と考えさせられる絵本でした。

ヒツジやニワトリを襲うオオカミは、確かに人間にとっては排除すべき存在ですが、果たしてオオカミがいなくなればどうなってしまうのか。
人間と自然との共存の難しさ、また生態系をむやみに破壊することの恐ろしさを痛感させられました。

日本でも、毎年秋になると耳にする熊出没のニュースも、同じような問題をはらんでいます。
人間の環境破壊の為に、エサが激減して山を下りて来たが為に射殺される熊を見るたび、複雑な思いに駆られます。

オオカミのタオは強くて勇敢で頭がいい。正々堂々としていて仲間を大事にする。
読みながらシートン動物記の『オオカミ王ロボ』の話や、椋鳩十の『大造じいさんとガン』の話を思い出しました。
きむらゆういちさん自らの力強い挿絵で、とても引き込まれる作品でした。

また、この作品を通して「モンゴル絵本プロジェクト」というものを知りました。
モンゴルを題材にした作品では『スーホの白い馬』くらいしか知りませんでしたが、これを機にもっとモンゴルについて知りたくなりました。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議な絵本  掲載日:2017/4/6
おやすみ、エレン
おやすみ、エレン 著: カール=ヨハン・エリーン
監訳: 三橋 美穂

出版社: 飛鳥新社
寝かしつけ絵本として話題を呼んだ『おやすみ、ロジャー』の第2弾。
今回は表紙から神秘的で、何やら眠たくなってくるようです。

お話を読んでいるうちに、心身ともにリラックスしてきて、ゆったりした気持ちになっていきます。
お話の内容は勿論、読み方のコツだったり、優しい色使いの挿絵だったり、本当にまぶたが重くなってきそうな魔法のような絵本です。

色々な登場人物が出てきますし、あのうさぎのロジャーも出てきますよ。
今回はとても可愛らしいイラストになっているのもいいですね。

最後のページにはQ&Aも載っていて、寝かしつけのヒントになりますね。
読んでる方も思わず眠たくなってくる、不思議な魅力のある絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一緒に探して  掲載日:2017/4/6
ばあ〜っ!
ばあ〜っ! 作: いしづ ちひろ
絵: くわざわ ゆうこ

出版社: くもん出版
赤ちゃんのしぐさがとっても可愛い絵本です。

今回は、赤ちゃんの大好きなものがかくれんぼ。
でもチラッと姿が見えているので、小さな子でも見つけやすいはず!
一緒に「どこ、どこ?」と探しながら楽しく読めそうですね。
きっと可愛い指先で教えてくれることでしょう。

最後はやっぱり一番大好きなママとパパ。
とびっきりの笑顔が見れそうですね(^^)

赤ちゃんと楽しくふれあいながら読み聞かせ出来る素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 伝言ゲームみたい(笑)  掲載日:2017/4/6
ひよよとおばけちゃん
ひよよとおばけちゃん 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
今回はおばけの絵本ということで、少し恐いイメージでしたが、
実際はとっても面白い展開でした(^^)

おばけちゃんは全然怖くないのに、いつの間にやらものすごく
恐いおばけが出た話になっていて・・・
まるで伝言ゲームみたいだなぁ、と思わず笑ってしまいました。

特に子犬くんあたりから相当怪しくなってますね。
みんなどんなに怖いおばけが出たんだろうと心配してたら、
あら!まぁ!

最後は可愛いお友だちが一人増えて、めでたしめでたし。
可愛くて、ちょっぴりドキドキの楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドキドキほのぼの  掲載日:2017/4/5
ひよよとふうせん
ひよよとふうせん 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
ヒヨコののひよよと、色んな動物たちがとっても可愛い絵本です。

キレイな風船をもらったのはいいけれど、アラ大変!
ひよよ救出に、みんなで力を合わせて頑張ります。

「どうなるんだろう?」とハラハラドキドキ、でも可愛いイラストと優しい色使いが、ほのぼのとさせてくれますね(^^)

「あっ・・たいへんっ!」「とどいた〜?」の繰り返しや、ひよよの「こんにちはー」とのん気に挨拶しているところがとっても可愛いです。

縦開きでページをめくるのも、小さいお子さんにはきっと新鮮な絵本体験になることでしょう。
プレゼントにしても喜ばれそうな1冊ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 指でたどりながら  掲載日:2017/4/5
ひよよとおとしもの
ひよよとおとしもの 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
ひよよが落とし物を届けようと一生懸命追いかけます。
果たして無事、届けることが出来るかな・・?

縦開きのイラストがとても効果的に使われていますね。
小さいお子さんでも指でたどりながら、迷路遊びが出来るのが楽しいです。

ページをめくるたびに、色んな動物たちが道を教えてくれるのもとても可愛いですね(^^)

読みながら優しい気持ちになれる、カラフルでキュートな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春にピッタリ!  掲載日:2017/4/1
いろいろいちご
いろいろいちご 作: 山岡 ひかる
出版社: くもん出版
甘くて、可愛くて、いい香りで・・みんな大好きイチゴのお話です。

イチゴがジャムになったり、ムースになったり。
とっても美味しそうで、ワクワクしますね。
そして最後のページでは思わず「わぁ!」と声が出てしまいました。

ピンク色の可愛らしい絵本。春に読むのにピッタリです。
これを読んだら、イチゴスイーツが食べたくなりますね(^^)
参考になりました。 0人

543件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ママドクターからの幸せカルテ』 監訳者  吉田穂波さんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット