おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ

  • 児童書
作・絵: ディック・キング=スミス
訳: 三原 泉
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784751519073

小学校中学年〜
A5判 21.5×15.0cm 128頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いつも貧乏で、びっくりするほど運の悪いスカンピンさん。ある日、飼っているガチョウの頭をひとなですると、世にも不思議なことが!

ベストレビュー

オリジナルの名前もダジャレなのかな?

なにしろ「いとうひろし」さんのイラストがよかったです。
訳者は三原泉さんというかたでしたが、
日本語バージョンらしき登場人物たちの名前のダジャレかげんが、
いとうひろしさんぽかったです。

だって、「ワビシーネ農場」を筆頭に、
お父さんガチョウの名はションボリ、
お母さんガチョウの名はガックリ。
おまけにきんのがちょうの名は、ウレシーナ!
ここまでくると、
オリジナルの本当の名前はなんていうのか、気になりますよね。

題名だけだと、グリム童話の「金のガチョウ」(触るとドンドンガチョウにくっついていっちゃう話)を彷彿とさせますが、
こちらは古代ローマの伝説(本当あるのかな?)と関係ある話だそうです。

物語には得てしていやな奴が出てくるものですが、この物語は終始一貫して穏やかで優しいリズムで進み、これといっていひどい人間は1人も出てきません。
だから、とても気持ちよく最後まで読めました。

「幼年童話」というジャンルになっている作品ですが、字が大きく読みやすいので、1人読みなら小学校低学年から読めそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ディック・キング=スミスさんのその他の作品

ネコのアリストテレス / やりぬく女の子ソフィーの物語 (6) ソフィーのねがい / やりぬく女の子ソフィーの物語 (5) ソフィーのさくせん / やりぬく女の子ソフィーの物語 (4) ソフィーは乗馬がとくい / やりぬく女の子ソフィーの物語 (3) ソフィーは子犬もすき / やりぬく女の子ソフィーの物語 (2) ソフィーと黒ネコ

三原 泉さんのその他の作品

あらいぐまのヨッチー  / 手と手をつないで / クリスマスイヴの木 / こちょこちょがいっぱい! / さかさんぼの日 / アナベル・ドールとちっちゃなティリー



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット