貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
I Don’t Want to! いやだいやだ(英語版)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

I Don’t Want to! いやだいやだ(英語版)

  • 絵本
作: せな けいこ
絵: せな けいこ
訳: ピーター・ハウレット リチャード・マクナマラ
出版社: RIC出版

本体価格: ¥1,200 +税

「I Don’t Want to! いやだいやだ(英語版)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年01月
ISBN: 9784902216042

CDつき

▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも♪
>>せなけいこ作品のグッズはこちら

出版社からの紹介

いやだいやだってルルちゃんはいうよ、なんでもすぐにいやだっていうよ。それならかあさんもいやだっていうわ・・・(原作より抜粋)

ベストレビュー

外国の2歳児も・・・

こどもが1歳〜2歳のお気に入りの本、「いやだ いやだ」の英語版。
うちの子はイヤイヤ真っ最中の「魔の2歳児」!
外国の子どもも同じようにイヤイヤと言っているのかしら?
と考えたりしながら楽しく読みました。

私が英語力に自信がないので、CD付きの本はとても助かります。
もう少し値段が安いと嬉しいです。
CDの読み方は淡々としています。
個人的にはもう少し、雰囲気を出して読んでもらえたら嬉しいなと思います。

主人公ルルちゃんは「Lisa」というお名前になっていますが、
うちではルルちゃんの名前で読み聞かせしています。

日本語版は短めの文章で簡潔なのが魅力のひとつと思っていました。
英語訳で読むと文章がちょっと長めで1ページに対しては量が多いような印象を受けましたが、日本語で読んでも英語で読んでも、子どもには同じように魅力が伝わるようです。
(マメたんままさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

せな けいこさんのその他の作品

にゃん にゃん / おばけいしゃ / はらぺこゆうれい / ばけものづかい / ゆうれいのたまご / くずかごおばけ

ピーター・ハウレットさんのその他の作品

ぐりとぐらとくるりら 英語版 / Won’t Go To Bed? ねないこ だれだ(英語版) / The Restaurant of Many Orders 注文の多い料理店 (英語版) / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / Wah! Wah! あーんあーん (英語版) / Miki’s First Errand はじめてのおつかい (英語版)

リチャード・マクナマラさんのその他の作品

Sid the Signal ぴかくんめをまわす(英語版) / Groompa’s Kindergarten ぐるんぱのようちえん (英語版)



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

I Don’t Want to! いやだいやだ(英語版)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット