モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
探検家たちの「旅迷路」
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

探検家たちの「旅迷路」

  • 絵本
作・絵: アンナ・ニルセン
訳: 荒木文枝
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「探検家たちの「旅迷路」 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ハンニバルからアームストロング船長まで、歴史に名を残した有名人たちの軌跡を、迷路、間違い探し、絵探しなどで巡る翻訳絵本。

ベストレビュー

迷路の入門編

「時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで」が良かったので、迷路の作品を読んでみました。
構成は、8つの迷路と4つの間違い探しがメイン。
そして、それぞれが有名な探検家をイメージさせる場面となっています。
やはり、探検家を選択したことで、この作品は半ば成功したも同然。
探検家のロマンというのは、やはりワクワクするものだからです。

有名な探検家の足跡を辿るのですが、最初は、ハンニバル。
像を率いるハンニバルとアルプス山脈を越えるのですが、その旅路の厳しさを上手く表現している絵になっています。
その他、11名の探検家が登場するのですが、半数は知りませんでした。
巻末にある解説が、とても役にたつと思います。

「時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで」の完成度が高かったので、それに比べると作り込みが単純な感じがします。
時の迷路では、迷路も難易度の異なる2種類あったり、迷路の中に探し物があったりと、かなり凝ったものでしたが、この作品は、迷路と間違い探しという構成です。
これだと、遊びに変化が乏しく、ゲーム世代のお子さんには物足りないのではないでしょうか?

ただ、気軽の取り組めるので、迷路の入門編として良いと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンナ・ニルセンさんのその他の作品

時間を旅する「歴史迷路」 / パイレーツ 海賊の宝をさがせ! / ロボットパズル / ダーウィンの迷路 緑の楽園をめざせ! / マルコ・ポーロの迷路 黄金の国をめざせ! / 世界を旅する「大迷路」

荒木文枝さんのその他の作品

たのしい農場 1001のさがしもの / 世界の歴史 1001のさがしもの / ポケット版 1001のクリスマスをさがせ! / 世界の町 1001のさがしもの / 1001のモンスターをさがせ! / ポケット版 1001の海賊たちをさがせ!



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

探検家たちの「旅迷路」

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット