十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
こぐまのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぐまのクリスマス

  • 絵本
作: ベアトリス・ギャレル
絵: トマス・バース
訳: 河野 万里子
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,800 +税

「こぐまのクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784338010320

小学校低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

12月1日から24日まで、お話を読み、本についているモミの木に1つずつ小さなオーナメントをかざりましょう。クリスマス・イブには、お話のすてきな結末と、かわいいツリーが待っています!

こぐまのクリスマス

ベストレビュー

1日1話が楽しみです♪

保育士をしているので、クラスで読んでいます。
4歳児クラスですが、ほとんどの子が5歳です。
少し長めのお話を、何日かに分けて聴けるようになってきたので、
ちょうどよいかな?と思い、購入。

案の定、毎日楽しみに聞いています。
元々は海外のお話なので、
少し登場する動物の名前が覚えにくかったり、
分かりにくい表現も多少ありますが、
そこは補足説明を加えれば、4,5歳の子でも十分楽しめます。
1日1話ずつですが、微妙にストーリーがつながっているので、
そこも、今までの話を一緒にしながら読み進めています。

毎日封筒から出てくるプレゼントは、
1つずつ違っていて、ストーリーにちなんだものなので、
子どもたちも、何かを予想しながら、毎日楽しみにしています。
ツリーに飾られた飾りが毎日増えるたびに数を数えたりしながら、
クリスマスイヴを楽しみに待てますよ♪
(苺☆先生さん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


河野 万里子さんのその他の作品

青い目の人形物語1 平和への願い アメリカ編 / ジェーンとキツネとわたし / あなたをまつあいだに / サーカスの少年と鳥になった女の子 / レ・ミゼラブル −ファンティーヌとコゼット− / リンゴのたねをまいた おひめさま



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

こぐまのクリスマス

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット