宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
大千世界の生き物たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大千世界の生き物たち

  • 絵本
作・絵: スズキ コージ
出版社: 架空社

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「大千世界の生き物たち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

思わず「ぶっ!」でした。

スズキコージさんが発見した(?)不思議な生き物たちの画集のようなものでした。
1匹1匹(こういう数え方でいいのでしょうか?)が、風変わりな形をした存在で、それでいて「アリかもしれない」と思ってしまいました。

紹介されている生き物たちの中で、個人的にウケたのは、
「フミキリン」(一部を紹介すると)
 《鉄道線路の踏切番といわれているフミキリンは、むりやりこの仕事をやりだしたわけではなく、ボランティア活動的に自ら楽しんでいる様子で……》と、説明書きが続いて行くのです。

他には、一見ブタのような、ゾウのような姿の馬みたいな生き物「ブマ」だとか、消防車の後ろについて走っていく半人半獣の「ヤジウマン」だとか出てきます。
この「ヤジウマン」は、火事場が好きで一番いい席で、消防活動を見物するらしいのですが、ときには助けを求めている人を救助したりするという変なやつです。
他にも、スズキコージさんら名では!みたいなキャラクターがいっぱい登場します。

でも、この本のなにより見てほしいところは、
表紙の内側の部分。
(なんというんでしょう?)の前と後ろに、
スズキコージさんらしき人が、不思議なお面をかぶった姿で
写真に収まっているんです。
その不思議なポーズとお面の表情ときたら!サイコ―です。

絵図鑑みたいになっているので、1枚の絵に対してその横に小さな説明文(物語)が付いているような感じです。
こういうのは、不思議なものが大好きな男の子にお薦めしたいです。
小学校中高年のおことの子、どうですか?興味があったらぜひ読んでみてください。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?

スズキ コージさんのその他の作品

やまのかいしゃ / コーベッコー / ドームがたり / でんでんでんしゃ / らくごえほん 月きゅうでん / 3びきのくま



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!【座談会】編集者・松田素子さん、絵本ナビ編集長・磯崎園子、絵本ナビライター・大和田佳世

大千世界の生き物たち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット