あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
モイくんとカボーくんのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

モイくんとカボーくんのはなし

作・絵: たかどの ほうこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「モイくんとカボーくんのはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年10月
ISBN: 9784752000549

小学校低学年向き
64ページ

出版社からの紹介

大切に育てた山椒魚を池に返しにきたモイくんと、ちょっぴり苦手なおじいちゃんとふたりででかけたカボーくんが出会いました。

ベストレビュー

子ども同士のふれあい

「このまえのにちようび」シリーズの2作目です。モイくんとカボーくんが、同じ日に、少しだけ交流します。

モイくんは、卵から育てたサンショウウオを放しに来ました。モイくんの気持ちの中では、もやもやしたものがあったのですが、カボーくんと出会うことで、そのもやもやがなくなっていくのが見事に描かれています。

カボーくんは、おじいちゃんのところに遊びに来たけれど、何となく苦手なおじいちゃんと出かける羽目になった、少し重苦しい気持ちが心にあります。

読んでいて、子どもが大人の知らない間に、子ども同士のふれあいの中で少しずつ成長していく姿を感じました。これはお話ですが、実際の生活でもこんなことがあるのかもしれないとも思います。

たかどのほうこのいつものおもしろおかしいお話ではありませんが、子どもの日常の機微を丁寧に描いている作品として好感が持てます。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

出版社おすすめ


たかどの ほうこさんのその他の作品

ちゃめひめさまとあやしいたから / グドーさんのおさんぽびより / くだものっこの花 / ちゃめひめさまとペピーノおうじ / 紙芝居 こびとのくつや / まあちゃんのすてきなエプロン



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

モイくんとカボーくんのはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット