十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
絵本 かがやけ・詩(5) かんがえるのっておもしろい(ひろがる ことば)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本 かがやけ・詩(5) かんがえるのっておもしろい(ひろがる ことば)

  • 絵本
  • 児童書
作: 小池 昌代
絵: 古川 タク
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「絵本 かがやけ・詩(5) かんがえるのっておもしろい(ひろがる ことば)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年01月
ISBN: 9784251092557

小学校低学年以上
A4変型判/40ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

詩人小池昌代が編者となって、よりすぐりの詩を選び、個性的な当代きっての画家たちが臨む、好評絵本シリーズ「かがやけ・詩」。第5巻完結編今回は、「空想すること」、「考えること」をテーマに楽しい詩を集めました。人気アニメーター古川タクが、考えることを楽しみながら一遍一遍の詩に絵を描いてくれました。考えることの大好きな小池昌代さんの「こんなふうに読んでごらん」という解説と共に、考えることが楽しくなる一冊!

ベストレビュー

哲学しましょ

ある日突然、沸いてくる。
他愛もないことの時もあり、納得できない疑問の時もあり、ひろがり続ける空想の時もあり…。

谷川俊太郎さんの文章の中に、

「かんがえるのって おもしろい
 どこかとおくへ いくみたい」

という一文がありました。
この感覚!言い得て妙だと思いました。

かんがえるのっておもしろい。
そしてそれが、他人の思いえがいたことであれば、じぶんとは違う発想、違う解釈に、さらに考えがひろがります。

だれにも邪魔されない世界…。
かんがえるのっておもしろい!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小池 昌代さんのその他の作品

絵本 かがやけ・詩(4) うち 知ってんねん(みんなの ことば) / 絵本・かがやけ・詩(3) どっさりのぼく(いきる ことば) / 絵本 かがやけ・詩(2) レモン(かんじる ことば) / 絵本 かがやけ・詩(1) かさぶたって どんなぶた(あそぶ ことば) / かかし / まんまる おつきさまを おいかけて

古川 タクさんのその他の作品

リトルTの冒険 / 紙芝居 えのなかのゆうれい / ことばメガネ / はんぶん ちょうだい / かみコップのフェスタ / 紙芝居 あなからみえるよ



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

絵本 かがやけ・詩(5) かんがえるのっておもしろい(ひろがる ことば)

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット