新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ろくろ首

ろくろ首

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 高畠 純
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

「ろくろ首」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年11月
ISBN: 9784251042026

出版社のおすすめ年齢:中学年〜

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おやしきに婿入りしたちょっとマヌケな与太郎。ところが夜になるとお嬢さんの首が…!? 「うそつき弥次郎」「夏の医者」も入って面白さ3倍!

ベストレビュー

軽妙な落語の語り口調がいい!おもしろいな〜 ダジャレも

落語の面白さは   やっぱり 語り口調がいい!
これは 落語家の 面白い語りで 聞きたいお話ですね!

ろくろ首は 怖〜いような〜

与太郎の間抜けさが おかしくて 笑えます

オチの おっかさんも くびをなが〜くして 待っている
怖さで ブルブル震える 与太郎は やっぱり まぬけな人ですね

うそつき弥次郎   
話が うそのかたまり  それがなんとも うそだとわかっていてもおもしろい!

北国では 「雨がグッサグッサ ささってくる 」 おお怖い〜
なんといっても つららのような 氷が降ってくるなんて
ナンセンスな おもしろさです

夏の医者は おおきなうわばみに 食べられて どうして逃げられたかが なかなかおかしく  医者と お百姓の会話
うわばみって? どんなものかしら?

おもしろい 医者ですね 

とにかく これは 落語で聞いてみて 笑いたいです

本も 声出して読むのがおすすめです!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ろくろ首

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら