ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おおきくなったよ さるのあかちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおきくなったよ さるのあかちゃん

  • 絵本
作: さえぐさ ひろこ
写真: 松成 由起子
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784893250704

3・4歳から
頁数:28ページ
サイズ:21×24cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

しぜんにタッチ!シリーズ。春に産まれたニホンザルの赤ちゃん。おっぱい吸って、かたときもお母さんのそばを離れなかった赤ちゃんも、やがて友達と遊ぶようになり、仲間同士のルールも覚えていきます。季節の移り変わりとともに、だんだんと成長していく姿を美しい写真とやさしい文章でお届けします。新進気鋭の写真家、松成由起子氏が地獄谷野猿公苑で産まれたさるの赤ちゃんを一年間撮り続けた作品です。

ベストレビュー

サル年にお勧めの絵本です。

写真絵本です。
生まれたばかりのニホンザルの赤ちゃんの日常を写真に収めたもので、
サル山での生活を小さすぎず大きすぎない、ほど良い枚数のカット写真とわかりやすい言葉で短い解説が載っています。
小さなあかちゃんだった子ザルが、いろいろなことを覚えていく行動や表情をうまく見せてくれているので、読んでいて、その成長を微笑ましく思いました。
山で生活するサルたちの姿ですので、その時折の四季の風景ももサルたちと一緒に眺めることが出来ました。

サル年の読み聞かせとしてはお勧めの1冊です。4,5歳くらいから小学校の中学年くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さえぐさ ひろこさんのその他の作品

ぼくのそりにのって! / トンチンさんはそばにいる / どうぶつうんどうかい / くまくんとうさぎくん くもようび / 紙芝居 サンポじいさんの いし / ねこのたからさがし

松成 由起子さんのその他の作品

(デジタル)ハッピーモンキー! / 森の人オランウータン / ハッピーモンキー! / (デジタル)森の人オランウータン



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

おおきくなったよ さるのあかちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット