だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ファーブル昆虫記の虫たち(3)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファーブル昆虫記の虫たち(3)

  • 絵本
作・絵: 熊田 千佳慕
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「ファーブル昆虫記の虫たち(3)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784097272731

3歳〜12歳 30代〜50代
菊6取・40P

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ファーブル昆虫記の世界を丹念に描いた絵本

フランスの「ファーブル友の会」会長から"プチ・ファーブル"と激賞された画家が、昆虫記の世界に入り込んで、克明に繊細に、そして詩的に描くシリーズ。今回はカマキリ、オオモンシロチョウ、トネリコゼミ。

ベストレビュー

完成度の高い絵本

熊田 千佳慕とは、熊田 五郎さんの絵本画家としてのペンネーム。
熊田 五郎さんは、2009年8月13日に死去されましたが、実に99歳でした。
その熊田さんの代表作が、ファーブル昆虫記の虫たちです。

フランスの「ファーブル友の会」から、プチ・ファーブルと激賞された熊田さんの描くファーブル昆虫記の絵は、絵の領域を遥かに超えています。
惚れ惚れする絵と言ったら良いのでしょうか。
美しいとしか言いようの無い絵は、コレクションするに値するものだと思います。
今回、読んだのは第三巻。
ウスバカマキリ、オオモンシロチョウ、トネリコゼミの3種の昆虫が収められていますが、ウスバカマキリ以外は、日本に生息していないもの。
原作はフランスの作品ですから、当たり前と言えば当たり前。

そして、絵以上に素晴らしいのは、挿入された文章。

裏表紙には、
「虫や花と対話をして
答えを待つ。
そんな積み重ねが
一枚となるのです」

次の頁には、
「見て 見つめて 見きわめて
私は心の目で 自然を描きたい」

珠玉の言葉が並んでいます。

締め括りは、最後の解説。
それぞれのシーンに関する詳細な説明があるので、楽しみが何倍にもなること間違いありません。
本としての完成度の高さは、類を見ないもの。
熊田さんの人柄が偲ばれるこの絵本との邂逅に、感謝したいという気持ちで一杯です。
多くの人に読んで貰いたい超オススメの一冊です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


熊田 千佳慕さんのその他の作品

みつばち マーヤ / メルヘンの世界 1 ライオンのめがね・ふしぎのくにのアリス / メルヘンの世界 2 オズのまほうつかい・ピノキオ / 妖精プック 花の旅 / うれしいなおかあさんといっしょ / ファーブル昆虫記の虫たち(5)



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

ファーブル昆虫記の虫たち(3)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット