ちがうちがう ちがうちがう ちがうちがうの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
「なんの音!?」「おばけの音!?」ちがう、ちがう。あれはね…
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
こそあどの森の物語(6) はじまりの樹の神話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こそあどの森の物語(6) はじまりの樹の神話

  • 児童書

「こそあどの森の物語」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2001年
ISBN: 9784652006160

A5 304ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


岡田淳さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

ふしぎなキツネに導かれてなぞの少女を助け出したスキッパー。森に現れた太古の巨大な樹をめぐって神話と現実が交差しはじめる。

ベストレビュー

神話の完成のために

はるか昔の神話の時代からきた少女ハシバミ。
神話に従ってみんなはハシバミとリュウが戦うための準備をしますが…。
戦いというものを知らなかったハシバミ。身の回りのすべてのものを誰が何をどうやって作ったかと答えることができたハシバミ。…現代とは違う生活をしていたハシバミが現代の生活をすることで「本来もっていた力」がなまっていくといいます。なんだかいろいろと考えさせられました。
神話の完成のためにハシバミは昔からやってきたのかと思いますが…。
ラストが良かったです。途中、ひっかかっていたこともすっきりしました。さすが岡田さん!上手だなーと感心しました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

新装版 星モグラサンジの伝説 / こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密 / 森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

こそあどの森の物語(6) はじまりの樹の神話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット